edit

Charlotte #13 最終回

『これからの記録』
単語帳の場面で有宇と一緒に泣いたなぁ。

世界中の能力者から能力を奪うために旅立った有宇。
奈緒が作ってくれた単語帳を活用してなんとかやり取りをしていく。
最初の国で能力者のリストを手に入れてリーダーに接触。
そこから彼らの組織の能力者の探知能力を持つ能力者から能力を奪った。

地図を見るだけで能力者の現在地がわかるというものだったようで、
熊耳よりもかなり精度は高そうですね。
相手の能力がわかる、というわけではないようですけど。
探すという点においてはこれほど優秀なものはないわな。

その後は順調に能力を奪っていった。
それまでに手に入れた能力を活用して能力を奪っていく。
その中で翻訳される能力なんかもあったり。

治癒の力を手に入れた有宇は自分の右目を治すことを考えた。
そうすればタイムリープで熊耳を救えるかもしれないと。
けれど、そうじゃないと考えなおした。

治癒の力に関してはただただ傷ついた人を治したいという想いを持って使っていただけのようですね。
悪さに使ってない子も少なからずいるのよな。
そんな子から力を奪う罪悪感も。

さらに予備軍に対しては能力は病気、ということで手に入れていた病気を悪化させる能力で
能力を開花させて奪ったりも。
病気を悪化させる能力なんて何に使うんだろう?
と思ったけど、そういうことだったんですね。

そうして能力を奪っていく中で有宇は隻眼の死神として世界中に知られることに。

力の暴走。
人を傷つけそうになり、なんとか踏みとどまったり。
隼翼と連絡していた携帯電話を失うことにも。

けれど、眠らずに続けていた旅は有宇を苦しめていく。
無理矢理にでもと眠った有宇は自分の記憶が曖昧になっていることに気づく。
寝ている間に有宇は襲っていた。

自分の目的があやふやになっていく。
何でこんなことをしているのか。
もうやめたい。
地球を乗っ取ればいいんじゃないか、と考えたりも。

でも、そんな有宇をすんでのところで止め続けていたのは単語帳だった。
それがなんなのかもうわからない。
それでも、それを大切にしないといけないと強く想う。
それだけが何かと繋がり続ける唯一の存在だった。

そして、最後の能力者のもとへ。
最後の能力は勇気だったらしい。
有宇を賞金稼ぎから守ろうとした少女。
彼女の能力があったことで、有宇はなんとか踏ん張れたということなんでしょうかね。

でもなんで隼翼たちがあの場に駆け付けられたんだろう?
どうやって有宇を探してたのでしょうかね。

そして、有宇は日本に。
約束の場所へ。
けれど、有宇に奈緒の記憶はなかった。
自分を忘れられているということへの辛さ。
でも、有宇が自分の単語帳を大事にしてくれていたことへの嬉しさ。
悲しみは嬉し涙へ。

なくなった記憶ではなく、これからへ。
表情が乏しかった奈緒の表情がコロコロと変わったのがすごくよかったですね。

歩未がなんだか大人っぽくなってた気がしないでもない。
どれだけの時間で戻ってきたんだろう?

奈緒のお兄さんについてどうなるんだろうなぁ、とは思ってましたが、
有宇が旅立った後にサラが来てくれたっぽいですね。
回復に向かってそうな感じでしたね。

美砂の写真が見切りてましたね。
柚咲にわりと似てたのかねぇ?

よかった。
辛い場面もあったり、高城たちの癒やしもあったり。
ハッピーエンドではないけども、それがいいですね。
タイムリープで戻ることも出来たけど、そうせずに今の世界で戦い続け、戦い抜いた。
その有宇がカッコよかったです。

乙坂有宇:内山昂輝
友利奈緒:佐倉綾音
高城丈士朗:水島大宙
西森柚咲・美砂:内田真礼
乙坂歩未:麻倉もも
白柳弓:中原麻衣
三嶋:たみやすともえ
熊耳:竹本英史
サラ・シェーン:沢城みゆき
乙坂隼翼:小野大輔
七野:河西健吾
目時:瀬戸麻沙美
前泊:花江夏樹

トラックバック

TB*URL

Charlotte -シャーロット- 第13話 最終回 感想

 Charlotte -シャーロット-  第13話 『これからの記録』 最終回 感想  リライト「待たせたな!」  京アニ「……え?」  JCSTAFF「……お?」  PAWORKS「……ん?」  ufotable「……ZZZ、はッ!?」  エイトビット「こっちみんなw」  次のページへ

アニメ感想 15/09/26(土) #Charlotte 第13話(終)

Charlotte 第13話『これからの記録』(終)今回は・・・最終回だったのですが・・・なんか最後のRewriteのアニメ化決定がすべて持っていった感じがします。アニメ化も驚いたけど、制作 ...

Charlotte -シャーロット- 第13話(終)「これからの記録」 & 総評

約束、帰ってくること。 超能力はいわゆる病気。 その病を消すため、“略奪”の能力を持つ有宇が、世界に羽ばたきます。 各地を転々とする有宇。 何気に、友利ちゃんお手製の単語帳が役立ってますね。 「動いたらお前ごと燃やす」 という脅し文句も載ってるとか、万能すぎるだろうw 超能力にも様々あるようで、言語を翻訳する能力から寝ないでも活動できる能力、凍らせる能力や爆...

Charlotte -シャーロット- 第13話「これからの記録」

Charlotte -シャーロット- 第13話「これからの記録」です。 いよいよ

【麻枝准らしい結末】『Charlotte』最終回感想(OPの歌詞とEDの歌詞をうまく結びつけた内容も『脚本・作詞作曲』を兼ねる麻枝さんらしい展開だと思いました。あとAIRとの関連性について)

  最終回は奈緒からの 『全世界の能力者の力を全て奪う』 という 究極の提案 を受け入れた有宇が紆余曲折ありながら成し遂げ、その 代償に記憶を失ってしまう という切ない展開でしたが…    最後に奈緒が 約束どおり戻ってきた有宇 に 『自分は有宇の彼女だった』 と伝えるシーンは感動しました…   最終回の 特殊ED『君の文...

【Charlotte(シャーロット)】 第13話『これからの記録』 感想 (キャプ付)

Charlotte(シャーロット) 第13話『これからの記録』 感想(画像付) 世界を巡り、全ての能力を奪取してきた有宇。 代償に記憶を失って還ってくるとは…。 これからの有宇たちには、楽しいことだけあるといいねってラストでした。 シャーロットの子たちに幸あれですね。 有宇が下した決断。 それは地球上のすべての特殊能力者の能力を奪うこと。 それは、すべての能力者...

Charlotte #13 「これからの記録」

== 長い旅路の果てに ==  どうも、管理人です。「学戦都市アスタリスク」の先行上映会に行ってきました。おそらく、来期のラノベ原作の中では一番期待してなかったんですが、意外や意外で結構好きな感じでした。何やかんやで、この手のほどほどに面白い作品って大切ですわ、本当。 === 友利:「楽しいことだらけの人生にして行きましょう」 ===  今回の話は、有宇の長い旅と、その終焉を描...

Charlotte(シャーロット)第13話「これからの記録」感想

世界中をめぐり、すべての能力者から能力を略奪する事を決意した有宇。 奈緒から託された英単語帳を頼りに、拙い言葉で能力者の居場所を捜索していく中、能力者の居場所を見つける力を略奪。 能力者の居場所を特定する事が容易となった有宇は略奪行為を加速させる。 いや、反対側のドアって無事なんじゃあ・・・。>えー さらに多くの能力を手に入れる事で有宇はあらゆる面...

Charlotte 第13話 これからの記録 

能力略奪の旅の末に・・・・

Charlotte(シャーロット) 第13話 「これからの記録」 感想

さあ、世界旅行の始まりだ(笑)

Charlotte~第13話感想~

「これからの記録」 世界中の能力者から能力をうばう旅に出た有宇。 アドバイス通りにリーダーをまず抑え、能力者を見つける。 隼翼と連絡をとる有宇。 このあとも効率よく能力者を探し出していく。 しかし、多くの能力を得たことで有宇はこわれていく。 旅の目的も忘れ奈緒...

Charlotte 第13話 これからの記録

海外に渡航した有宇は怪しげな男からリストを買い、組織のリーダーに接触。 心を読む能力を奪った上で、どうやって能力者を探しているか等を引き出しますが、そんな日常会話を ...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad