edit

探偵の探偵 #04

『第一章完結!炎の中の死闘』
第一章が完結ということなのですが、
そんな区切り必要なかったと思うんだけど^^;

そんなこんなで阿比留の一連の裏工作は玲奈によって、
全てなかったことにされることとなる。
その裏で対探偵課以外の探偵の人たちも協力してくれてたんですね。

で、玲奈が仕込んでいた窪塚がやってきたことで、
玲奈の思惑通りにことが運んだみたいですね。

ただまぁ、警察は阿比留との関係を全てなかったことにし、
矢吹も別件での逮捕。
もちろん捕まった彼らは黙秘を続ける。
阿比留はこれからまた出てくるのかね?

その後は玲奈は阿比留から自分は死神ではないと言われ、
再び死神を探すために動き出す。
そして、大きな情報を掴めることになる。
似たような目的で探偵に依頼する犯罪者を追うことで辿り着くことになった。
たまたま、玲奈のところの探偵社にも依頼しに来ていたことで、
すぐに動くことが出来た。

監禁されていた女の子も助けることは出来たわけですが、
彼女が狙われることになったのは死神がまた関わっていたからだった。
その報告書を見つけた玲奈は次はどう動くのでしょうかね。

ていうか、あの犯人はあの状態で死んではいなかったのな。

琴葉の姉は玲奈に何をしたんだ?
琴葉が思ってるような姉ではなかったってことみたいですね。
けど、あの録画映像はどのタイミングのものかね?

紗崎玲奈:北川景子
峰森琴葉:川口春奈
窪塚悠馬:三浦貴大
桐嶋颯太:DEAN FUJIOKA
土井修三:伊藤正之
佐伯祐司:六角慎司
伊根涼子:高山侑子
長谷部憲保:渋谷謙人
船瀬卓:阪田マサノブ
紗崎咲良:芳根京子
坂東志郎:相島一之
織田彩音:中村ゆり
藤戸俊久:佐戸井けん太
阿比留佳則:ユースケ・サンタマリア
矢吹洋子:高岡早紀
須磨康臣:井浦新

トラックバック

TB*URL

悪には悪の報いを(北川景子)ただいま休養中(川口春奈)誰にも裏の顔がある(中村ゆり)

制度は人によって人を何かから守るために作られる。 その何かが人である場合がある。 組織もまた人によって人を何かから守るために作られる。 もちろん、その何かが人である場合もある。 戦後70年、国民を守ってきたのは制度であり、組織である。 その何が欠けると人は人を守れなくなるのだろうか。 人は嘘をつく。

探偵の探偵 (第4話・7/30) 感想

フジテレビ系『探偵の探偵』(公式) 第4話『第一章完結!炎の中の死闘』の感想。 なお、原作小説:松岡圭祐氏の『探偵の探偵』は未読。 阿比留(ユースケ・サンタマリア)の陰謀を激闘の末に阻止した玲奈(北川景子)。一方、洋子(高岡早紀)の関与や阿比留への捜査協力要請という事実を隠蔽(いんぺい)した警察は、玲奈の違法行為も見逃し、窪塚(三浦貴大)は納得がいかない...

探偵の探偵 第4話

阿比留(ユースケ・サンタマリア)は、坂東(相島一之)たち捜査員と一緒に女児誘拐犯が潜伏していると言う工場に入ります。 一行の中には、捜査から外された窪塚(三浦貴大)も紛れ込んでいました。 阿比留の指示の下、犯人がいると思われる場所へ向かおうとした時、工場の中から靴音と金属が擦れる音が聞こえて来ます。 そこには、全身傷だらけの玲奈(北川景子)が鉄パイプを手に立っていました。 ...

「探偵の探偵」 第4話 第一章完結!炎の中の死闘

 さて、梨央ちゃんの事件の犯人のアジトを見つけたという阿比留(ユースケ・サンタマリア)の報告を受け、現場に向かった捜査一課のみなさん・・・ 阿比留の指示でその工場へ入 ...

探偵の探偵 第4話

「第一章完結!炎の中の死闘」 内容 阿比留(ユースケ・サンタマリア)の指示で、誘拐犯が潜伏するという工場へ、 阿比留を筆頭に坂東(相島一之)ら捜査員が、乗り込んでいく。。。 捜査員の中には、捜査を外された窪塚(三浦貴大)もいた。 が、シャッターが開けられ...

37.5℃の涙四話&探偵の探偵四話&婚活刑事五話感想

■37.5℃の涙四話 なんでか安定感があるドラマ。配役もいいし。柳(藤木直人)より圧倒的に朝比奈(成宮寛貴)が目立っている(笑)このドラマの成宮が穏やかで良い感じ。 杉崎桃子役の蓮佛美沙子が、絶妙なオドオドぶりと主人公らしい意地の見せようでうまく演じていてる。 訪問型病児保育士っていう職業もこのドラマ見て知ったし。「微熱。それは子供の叫び。微熱。それは恋のしるし」ってなってる割に、恋の...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad