edit

ガッチャマン クラウズ インサイト #04

『2:6:2』
はじめは速度を緩めたわけじゃなく、VAPEに捕まってたのな。
ただ、はじめの考え自体は累のもとへ駆けつけるべきではなかった、
と判断してるみたいですね。
もう少し累に時間を与えるべきだった、と。

というわけで、ガッチャマンの中でも意見が割れる状況になっていますが、
はじめは相変わらずマイペース。
戦いは時には必要じゃないか。
はじめの言う戦いは拳をぶつけ合うようなことばかりではなく、
言葉での争いだったり、ということになるみたいですね。
ただただ誰かの意見に従うばかりではなく、
自分の意見を持って、それを口にして、時にはぶつかって、と。
だから、ガッチャマン内での意見の違いも今後のためにはいい刺激になる、
とそんな感じに考えてるのかな。

意識不明となった累はどういう風に理詰夢との戦いに決着をつけようとしていたのでしょうね。

そんなこんなで首相を選ぶスマホ投票が始まる。
クラウズの是非を問うことになるわけですが、
そこにゲルも立候補することに。

カッツェはそろそろ止めるべきじゃないかとはじめに言ってましたね。
ただ、はじめは動くつもりはないようで。
一体何を考えてるのでしょうかねぇ。

ゲルの考えを一つに、というのは人のそれとは違う気がするかな。
というか、大勢の人が本当に一つになることはないわけでね。
それを無理矢理な形でやりかねんですね。

国民はどう選ぶのでしょうね。
他の立候補者は出てくるのかな?

一ノ瀬はじめ:内田真礼
三栖立つばさ:石原夏織
橘清音:逢坂良太
枇々木丈:浪川大輔
宮うつつ:小岩井ことり
パイマン:平野綾
O・D:細見大輔
爾乃美家累:村瀬歩
総裁X:丹下桜
鈴木理詰夢:梅原裕一郎
ベルク・カッツェ:宮野真守
ゲルサドラ:花澤香菜
J・J・ロビンソン:森功至

トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.