edit

ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~ #10 最終回

『最後の敵は鮮血の向こう側に』
というわけで、色々なことに決着。

佐野が水田のところにいたのはバクが中から崩す人を入れてほしいと頼んでのことだったんですね。
ただ、バクはそれが誰かは知らなかった。
で、変わろうとする中で佐野を止めようとするわけですが、
止まるわけもなく。
資金はゼロに。

橘をかばって水田が亡くなることになったり。
親だから守って当然だと。
守られたことで取り戻した絆。
結果は最悪のものとなってしまったわけですが、
生かされたことに意味があるのでしょうね。

その後はバクが駆けまわって足抜けのための準備を進めた。

というわけで、橘の足抜けへ。

橘の兄弟にあたる人が出した条件ってなんだったんだろ?
見逃した?

実子ともわだかまりはなくなったみたいでよかったですね。

佐野の次として提示した中に未詳の名前が出てきてましたね。
で、その佐野はどうなったの?
あれだけ裏で動いていた人間のその後がモヤモヤしたまま終わりってどうなの?
谷川はそもそも推薦するつもりはなかったのでしょうし、
佐野は実際のところ刑事になることを望んでるのかね?
ドキドキハラハラは刑事になったからって、
それが味わえるわけでもないし、そもそも味わっていたものは
潜入捜査からくるものだしねぇ。
佐野はどうなったんだろう?

最終回はそのことばかり気になってた感じがする。
バクがごくごく普通になってしまった、ってことでもあるけど。

永光麦秋:大島優子
三ヶ島翔:北村一輝
佐野直道:勝地涼
永光遥:本田翼
石山博文:田中哲司
東条剣:庄野崎謙
水原公樹:岡田浩暉
有留章子:山口紗弥加
永光さくら:宮武美桜
三ヶ島由香:松岡恵望子
三ヶ島波留:鎌田英怜奈
谷川永徳:山口馬木也
水田千一:金すんら
藤田喜一郎:坂田聡
永光由美子:名取裕子
橘勲:遠藤憲一

公式HP

#01 | #02 | #03 | #04 | #05 | #06 | #07 | #08 | #09

トラックバック

TB*URL

ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~ 最終回「最後の敵は鮮血の向こう側に」

かなり、好みが分かれそうな作風でしたが、麦秋(大島優子)と翔(北村一輝)、組長の橘を演じる、エンケンさん、と主要人物のファンだったので、楽しみに見てました。麦秋という名前も、初夏(生れ)ってあたり、春ドラマとして、オシャレそのバクちゃん、今回、初めて、ダーク・オーラから離れ、ずっと片目を隠してた髪を上げて、最後にはエクボまで見せてましたね。エンケンさんも、今回は、雰囲気違ってたし。前髪クネオ...

ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~ (第10話 最終回・6/18) 感想

TBS系『ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~』(公式) 第10話/最終回『最後の敵は鮮血の向こう側に』の感想。 麦秋(大島優子)を憎しみから解放したいと願う翔(北村一輝)。そんな彼に突き動かされ、また意外な真実に直面していくうち、麦秋は自分がこれまでやってきたことに迷いを感じ始める。一方、佐野(勝地涼)も麦秋の揺らぎを感じ、気に掛けていた。そのころ、橘(遠藤...

ヤメゴク

最終回の感想 

ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~ 最終回

橘(遠藤憲一)が父親ではなく命の恩人だと知った麦秋(大島優子)に三ヶ島(北村一輝)は、今度は麦秋が憎しみの呪縛から「足抜け」する番だと背中を押します。 一方、医師・章子(山口紗弥加)による手術が成功して、橘は意識を取り戻します。 水田(金すんら)は、改めて橘に忠誠を誓い、離脱希望を取り消すのでした。 そんな中、警視庁警務部人事課長・谷川(山口馬木也)の命令で水田の組に潜入し...

ヤメゴク〜ヤクザやめて頂きます〜 第十話(最終回)

「最後の敵は鮮血の向こう側に」 内容 橘(遠藤憲一)が、実父ではないと知った麦秋(大島優子) カタキどころか命の恩人だった。 そんななか、水田(金すんら)を庇って橘が負傷。 章子(山口紗弥加)の手術で、橘は一命を取り留める。 橘の行動により、水田は離脱を辞...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad