edit

DEAR BOYS ACT3 19巻

DEAR BOYS ACT3(19)/八神ひろき(著)月刊少年マガジンにて連載中の八神ひろきさんの「DEAR BOYS ACT3」第19巻。

初版限定で特製しおりが封入。
イラストは何かで使われたものだと思うのですが、
何だったか忘れてしまいました。
表が哀川で裏が藤原。
これは何種類かあるのかね?

瑞穂の敗北となるのか、フリースローを決めて延長へと突入となるのか。
というところで終わった前巻。
もちろん決めたわけですが、かなり危なかった一本となる。

そして、延長戦へ。
味わうことの出来なかった試合が楽しいということ。
哀川が天童寺を離れた理由。
それを瑞穂で得られた哀川が天童寺と戦うことで、
天童寺もまたその気持ちを知ることになる。

延長戦の最初は剣の3Pシュートから始まる。
その影には泥臭くもアシストする如月の姿も。

瑞穂は哀川へのパスが封じられる中で、
藤原が自らドライブして剣のディフェンスを越えて決める。
ファールアウトを恐れず攻めるトウヤも。

そして、再び大きく試合が動くことになる。
哀川についていけなくなる守備の要の北沢。
それはとうとうファールへと繋がってしまう。
哀川を封じるためには今離れられては困る存在がファールアウトとなってしまった。

というわけで、延長戦は始まったばかり。
延長戦は10分なわけですが、何巻だろうか^^;
そればかり最近は読み終わったら考えてるなぁ、と思う。

関連記事
DEAR BOYS ACT3 14巻
DEAR BOYS ACT3 15巻
DEAR BOYS ACT3 16巻
DEAR BOYS ACT3 17巻
DEAR BOYS ACT3 18巻


DEAR BOYS AC...

DEAR BOYS AC...
著者:八神ひろき
価格:463円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad