edit

ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~ #09

『最終章突入!!最大の難敵に挑む』
橘はバクの父親ではなかった。
それを隠していたのはお父さんとの約束だったから。
誰がどう言おうとも、バクは自分の娘だから。
けれど、もっと早く話しておくべきだった。
逃げずに聞いておくべきだった。
それぞれの後悔。

バクは橘の前に付き合っていた人との間に出来た子供。
真面目な銀行員。
そう思っていたわけですが、横領していたらしい。
で、それはお母さんのためにしたことだと、共犯者だと。

絶望したお母さんは自殺しようとした。
そこを助けたのが橘だった。

自分のしてきたことが無駄だったと知ったバク。
けれど、それは無駄じゃない。
救われた人がいる、と三ヶ島がこれからやり直せばいいと支えようとした。
三年間から足抜けするんだ、と。
そのチャンスは橘を救うこと。

けれど、バクは治療が終わったら逮捕する、と。
一体バクは何を考えてるのでしょうかね。

そして、足抜けすると言っていた水田は体を張って守ってくれた橘を
裏切ることは出来ず、今回の話はなかったことにしてほしい、と。

そんな水田のところの客分って佐野かよ。
だから、水田が来た時に隠れてたんですね。
一体、佐野の過去に何があったんだろう?
何でバクにすがってるのかね。
ていうか、客分になって何をするつもりなんだろう?
何かとうとう仕掛けるようですけど。

最終回でそれぞれがどういう決断をするのやら。

永光麦秋:大島優子
三ヶ島翔:北村一輝
佐野直道:勝地涼
永光遥:本田翼
石山博文:田中哲司
東条剣:庄野崎謙
水原公樹:岡田浩暉
有留章子:山口紗弥加
永光さくら:宮武美桜
三ヶ島由香:松岡恵望子
三ヶ島波留:鎌田英怜奈
谷川永徳:山口馬木也
水田千一:金すんら
藤田喜一郎:坂田聡
永光由美子:名取裕子
橘勲:遠藤憲一

公式HP

#01 | #02 | #03 | #04 | #05 | #06 | #07 | #08

トラックバック

TB*URL

ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます「最終章突入!!最大の難敵に挑む」

ラスト前の、大どんでん返~し!なんと、麦秋(大島優子)は、橘(遠藤憲一)の実の娘ではありませんでした。それどころか、母・由美子(名取裕子)の、昔の恋人の子で、その彼は、銀行員。由美子のために横領してしまい、彼女も共犯だと。それを知った、由美子が自殺しようとしてたのを、橘が救い、お腹の子の、見守り・父親をかってでたみたいでした。むしろ、恩人といえそう。しかも、今回は、子分を庇って撃たれてしまい...

ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~ (第9話・6/11) 感想

TBS系『ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~』(公式) 第9話『最終章突入!!最大の難敵に挑む』の感想。 ‘足抜けコール’に水田(金すんら)から電話がかかってくる。自身の「水千組」ごと、橘(遠藤憲一)の「関東貴船組」から足抜けしたいという。水千組は貴船組にとって大事な資金源で、足抜けすれば橘に大打撃を与えることになる。依頼を引き受けた麦秋(大島優子)らは離脱...

ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~ 第9話

橘(遠藤憲一)が率いる関東貴船組の二次団体の組長・水田(金すんら)から、組ごと足抜けしたいとの連絡が入ります。 水田の組の若頭・鷲頭(戸次重幸)は、橘の息子・麦蒔の離脱を偽装だと疑う麦秋(大島優子)に対し、組員を堅気にしてくれれば橘が仕組んだ偽装離脱を証言すると約束します。 さらに、足抜けすれば、橘の関東貴船組は資金源を失い経営破たんもあり得ると明言していました。 橘を逮捕...

ヤメゴク〜ヤクザやめて頂きます〜 第九話

「最終章突入!!最大の難敵に挑む」 内容 獄中の橘勲(遠藤憲一)の息子・麦蒔の偽装離脱阻止を試みた麦秋(大島優子) だが橘勲の新たな企みにより、失敗に終わってしまう。 ショックを受ける麦秋。。。。 そんななか、足抜けコールに、 水千組組長、水田(金すんら)...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad