edit

天皇の料理番 #07

『パリと差別と結婚』
やることは日本もフランスも同じですね。
ただ、フランスは完全に実力主義。
日本で鍛えられた包丁さばきですぐに小僧ではなくなった。

その中での悩みは味覚の違い。
同じ名前の食材でも味が違ったり、
味付けを濃くしていたり。
味付けの違いについてはワインを一緒に飲むことを考えてのものだったんですね。
水よりも簡単に手に入るからなんだそうな。

が、担当するものが変わっても給料は同じ。
小僧で雇われたら小僧のまま。
ユニオンという組合に入らなければ料理人としては認められない。
でも、日本人が入れるわけがない。

そんな中で篤蔵がとうとうバカにされ続けてきたことに耐えられなくなる。
まぁ、ここで我慢したらいかんわなぁ。
宇佐美さんの包丁が折られてしまったから。
包丁を突きつけた。
それは国際問題になるかもしれないと外交官の粟野に言われるわけですが、
そのピンチがチャンスとなった。
篤蔵の技術は努力の賜物だと。
だから、失いたくないと相手が言ってきてくれた。
それをそのまま篤蔵は受け入れようとしたわけですが、
そこで粟野は篤蔵の技術に見合った報酬を相手に要求した。
相手を上手くのせて。

というわけで、日本人で初めてのユニオンに入ることが出来た。
その喜びを一番に伝えようとしたのは、
大食い大会で出会ったフランソワーズさん。

歌手を目指して女給をしている彼女。
彼女のおかげで色々と知ることも出来たわけで、
次第に惹かれていった。
けれど、パトロンとのキスの現場を見てハッキリと落ち込んでしまう。

ただ、フランソワーズさんは篤蔵のことを気にかけてくれてたみたいですね。
せっかくもらえた機会だったのに、パトロンに嫌われても篤蔵の名誉を守った。

そんなフランソワーズさんに篤蔵は日本人がパトロンじゃダメなのか、と。

フランスで新しい恋が始まることになってたのなぁ。
俊子の方は今でも篤蔵のことを考えてばかりのようですね。
今の篤蔵の中に俊子の存在はどれくらい残ってるんだろうかね。

そんなこんなで次回、いよいよ料理番になるみたい?

秋山篤蔵:佐藤健
高浜俊子:黒木華
松井新太郎:桐谷健太
山上辰吉:柄本佑
森田梅:高岡早紀
森田仙之介:佐藤蛾次郎
吉原の女郎・茅野:芦名星
秋山蔵三郎:森岡龍
高浜光子:石橋杏奈
奥村:坪倉由幸
佐々木正志:西沢仁太
荒木:黒田大輔
関口:大西武志
杉山:渡邊衛
藤田:大熊ひろたか
鈴木:城戸裕次
秋山周太郎:鈴木亮平
桐塚尚吾:武田鉄矢
田辺祐吉:伊藤英明
大使・粟野慎一郎:郷ひろみ
竜雲館の女将・お吉:麻生祐未
五百木竹四郎:加藤雅也
高浜金之介:日野陽仁
高浜ハル江:大島さと子
秋山ふき:美保純
秋山周蔵:杉本哲太
宇佐美鎌市:小林薫

公式HP

#01 | #02 | #03 | #04 | #05 | #06

トラックバック

TB*URL

「天皇の料理番」真っ直ぐな料理人7篤蔵はパリで日本で磨いた実力を認められ人種差別を超えてコックへの道を切り開いた

「天皇の料理番」第7話はパリに渡った篤蔵だったが、当時の時代背景は東洋の人たちは欧州で認められていなかった時代でもあった。そんな中でパリに渡った篤蔵は見習いで最初は入 ...

天皇の料理番 episode7

「パリと差別と結婚」 内容 明治42年、 兄・周太郎(鈴木亮平)の支援で、ついにパリへやってきた篤蔵(佐藤健)は、 桐塚(武田鉄矢)の紹介で、日本大使の粟野慎一郎(郷ひろみ)を訪ねる。 そしてホテルマジェスティックを紹介してもらうのだった。 小僧として仕...

【天皇の料理番】第7話 感想

幸せやったり運のいい人間は… その分よけいに励まんといかんって、母が言ってました。 おいら画家になるぜ! いっぱしの画家になって、あいつの家に一枚300円の絵、 壁いっぱいに飾ってやるからな! 天皇の料理番 第7話      簡単感想中心で。 「時は1909年。明治42年。 日露戦争に勝利し、日本はその名を一躍西洋に知らしめま...

天皇の料理番「パリと差別と結婚」

ついに、憧れの花のパリ。でも、現実は厳しく、言葉の壁と人種差別と… でも、どこまでも、人に恵まれてる篤蔵 (佐藤健)は、桐塚 (武田鉄矢) の紹介状を手に、大使館の 粟野 (郷ひろみ)を訪れ、オテル・マジェスティックという一流ホテルの厨房を紹介してもらいます。運良く、修行仲間で、画家志望の新太郎(桐谷健太)と再会。偶然、歌手志望という、フランソワーズ(サフィラ・ヴァン・ドーン)との友情も芽生...

天皇の料理番 (第7話・6/7) 感想

TBS系『天皇の料理番』(公式) 第7話『パリと差別と結婚』の感想。 なお、原作小説:杉森久英『天皇の料理番』は未読。過去のドラマ作品も未見。 1909(明治42)年、憧れのパリにたどり着いた篤蔵(佐藤健)は、大使の粟野(郷ひろみ)に頼み込み、一流レストラン「オテルマジェスティック」の調理場に小僧として潜り込む。篤蔵はやる気満々で調理場に乗り込むが、日本...

天皇の料理番 第7話

第7話 JUGEMテーマ:エンターテイメント

天皇の料理番 第7話

フランス・パリへ飛び立った篤蔵(佐藤健)は、桐塚(武田鉄矢)の紹介状を手に日本大使の粟野(郷ひろみ)の元を訪ねます。 篤蔵は粟野に、一流ホテルの厨房の働き口を世話してくれるように頼みますが、あったのは小僧としての働き口だけでした。 何も知らない篤蔵は、後は自分で何とかするからと言って、そのまま小僧として働き始めます。 しかし、そこで待っていたのは、「人種」の壁でした。 ...

「天皇の料理番」 第7話 パリと差別と結婚

「パトロンは日本人ではあかんですか? ・・・あの・・・あかんですか?」篤蔵 「はい〜〜!」フランソワーズ  ええぇ〜〜?!サブタイトルも「パリと差別と結婚」だし・・・ ...

【天皇の料理番】第7話感想と視聴率「パリと差別と結婚」

「パリと差別と結婚」 第7話の視聴率は、前回の14.1%より上がって、14.9%

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad