edit

終わりのセラフ #10

『選択のケッカ』
伍長を助けた優一郎とシノアは一度、救護所へ。
そこからグレンの援護に向かうことになったわけですが、
聞こえてきた話が気になり優一郎はそちらへ。
君月たちと思われる三人が吸血鬼たちと交戦中だということだった。
彼らであるという確かな情報ではない。
それでも優一郎は迷いなくそこへと向かうことを優先させた。

シノアもそれについていく。
自分たちはグレンが言うには新しい家族だから。

というわけで、優一郎たちが駆けつけた場所にいたのは君月たちだった。
助けなんていらなかった、という君月ですが、
これからも同じ状況になれば駆けつける、と優一郎は反省しない。
家族を守ることを第一としたいということなんでしょうね。

再び五人が集まってグレンのもとへ向かうわけですが、
ミカエラとぶつかったグレンは彼の本気に押されることとなる。
フェリドの助けが入ってしまったことで機嫌が悪そうでしたね。

そんなミカエラがグレンの胸に剣を突き刺した。
そのタイミングで優一郎たちが駆けつけ、
振り向くミカエラに優一郎も刀を突き刺す。

再会は血とともに。

振り向いた時にミカエラは優一郎に気づき、隙が生まれていた。
けれど、優一郎の方は怒りから周りがちゃんと見えておらず、
気づくのが遅れた。

さてはて、この再会は一体どうなるのかな?
ていうか、グレンはあれは無事じゃないよね?

今回の戦闘は全体的に動きが少なかったので残念でしたねぇ。

百夜優一郎:入野自由
百夜ミカエラ:小野賢章
一瀬グレン:中村悠一
フェリド・バートリー:櫻井孝宏
柊シノア:早見沙織
早乙女与一:岡本信彦
君月士方:石川界人
三宮三葉:井口裕香
クルル・ツェペシ:悠木碧
柊暮人:前野智昭
柊深夜:鈴木達央
クローリー・ユースフォード:鈴村健一
花依小百合:種﨑敦美
雪見時雨:石川由依
五士典人:小野大輔
十条美十:嶋村侑
阿朱羅丸:山村響
ラクス・ウェルト:永塚拓馬
レーネ・シム:梅原裕一郎

トラックバック

TB*URL

終わりのセラフ #10 「選択のケッカ」

== 再会のとき ==  どうも、管理人です。とりあえず、今週も取り立てて急ぎの用がないので、この時間帯に更新。相変わらずテンション低目ですけど。 === ミカエラ:「ゆ、優ちゃん……!?」 ===  今回の話は、グレン隊と吸血鬼の主力部隊の戦いを描いた話。色々といいたいことはありますけど、もう少しパワーバランスどうにかならんのですかね…。  まず、前回分断された優一...

終わりのセラフ 第10話「選択のケッカ」

「僕を挑発したことを 後悔させてやる」 ミカエラとグレンの戦い! そして駆け付けた優一郎は…    【第10話 あらすじ】 熾烈を極める新宿攻防戦。戦況はめまぐるしく変化し、帝鬼軍は次第に劣勢に追い込まれていく。黒鬼装備を持つ優一郎たちの参戦もあったが、希望を打ち消すかのように、第七位始祖フェリド・バートリー率いる吸血鬼主力部隊が動き出す!その主力部隊にはミカエラの姿もあった。...

終わりのセラフ 第10話「選択のケッカ」

第10話「選択のケッカ」 ミカエラVSグレンかと思ったら、主力の全面対決だったでござる。 コスプレしたチーム同士の小競り合いにしか見えない・・・

終わりのセラフ 第10話「選択のケッカ」

終わりのセラフの第10話を見ました。 第10話 選択のケッカ ヘリからの攻撃に優一郎はシノアと共に落下し、怪我をした運転手を臨時拠点まで連れて行くことにするのだった。 「さぁて皆さん、準備はいいですか?下等な人間共を皆殺しにしますよ」 「おい、お前ら人間の血は美味かったか?言っとくが今のが最後の晩餐だぞ」 一方、グレンはミカエラやフェリド等の吸血鬼の主力部隊と対峙し...

(アニメ感想) 終わりのセラフ 第10話 「選択のケッカ」

投稿者・鳴沢楓 終わりのセラフ 8 (ジャンプコミックス)(2015/04/03)山本 ヤマト商品詳細を見る ☆アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ~!毎週水曜日22時と金曜日21時半より アニメ系ネットラジオ「ピッコロのらじお♪」を放送!一週間のアニメの感想を語り合っています。 掲示板も設置、アニメ交流してみない?初めての方も大歓迎だぜ~!! ↑ポチって押し...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad