edit

ニセコイ: #04

『ハハオヤ』
本当に楽の働きっぷりがおかしいよねぇ^^;
というわけで、すれ違っていた母娘の想いを楽がギリギリのところで捕まえた。

千棘がお母さんのことを大好きなように。
華さんも千棘のことが大好きだった。
でも、久しぶりに会う娘に華さんは緊張して何を話していいかわからない。
だから、いつも年齢を最初に聞いてしまう。
わかっているのに。
リボンのことだってもちろん。
そして、毎年増えていく千棘へのプレゼントも。

このままでいいわけがないと楽が華さんの時間をつくったが、
その時間を華さんは別の仕事にあてようとした。
それでもなんとか少しだけ時間を作り、
千棘を迎えにいった楽。
でも、天候の関係で飛行機が早まってしまう。

そして、離陸直後の華さんに楽は電話をする。
次の仕事をすっぽかしてほしいと。
千棘の本当の気持ちを伝えさせるために。

というわけで、離陸直後にUターンした飛行機。
危なすぎる^^;

そんなこんなで無事に二人で過ごし話をすることが出来た。
そこで10年前のことを千棘は聞くことに。
赤いリボンは楽の言葉がきっかけだったのだと知る。

その後、楽も10年前のことを聞こうとするわけですが、
ペンダントのことは華さんは覚えていなかった。
別れてすぐに思い出して絵本に出てきたものと一緒だと気付くわけですが、
それは結局伝えないまま。

別れるときにニセモノのカップルかもしれないけど、
その気持ちまでニセモノなのか、と楽に確認した華さんだった。

一条楽:内山昂輝
桐崎千棘:東山奈央
小野寺小咲:花澤香菜
鶫誠士郎:小松未可子
橘万里花:阿澄佳奈
宮本るり:内山夕実
小野寺春:佐倉綾音
風:小岩井ことり
ポーラ・マッコイ:沼倉愛美
舞子集:梶裕貴
クロード:子安武人

トラックバック

TB*URL

【ニセコイ:】第4話『ハハオヤ』 キャプ付感想

ニセコイ: 第4話『ハハオヤ』 感想(画像付) これはよいクリスマス・ストーリー。 千棘と華さんは、似た者ツンデレ親子でした(笑) 楽はまた男を上げましたねw 鍵と錠に続く、重要アイテムの絵本も登場…。    勇気を出して「イブを一緒に過ごしたい」と母・華にお願いした千棘だったが、 あっけなく断られてしまった。 千棘にまるで興味を示そうとしない華の態度に苛立つ楽は...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.