edit

恋愛時代 #05

第5話
喜多嶋も結婚していた?
写真の女性とはどうなったんだろう?

というわけで、はるを怒らせるだけ怒らせた喜多嶋。
気まずい中で陸での泳ぎの練習を見られてしまう。
それが空気を和ませてくれましたね^^;

誠実であろうとするから正しいことを、というのが喜多嶋なんだそうな。
でもまぁ、誠実と喜多嶋のやり方は少し違うわなぁ。

さてはて、はるが大きな一歩を踏み出した。
まだ5話だからこんな展開になるとは思ってなかった。
もっと引っ張るのかとばかり思ってましたねぇ。

ケンカすべきだった。
一番大切なときにしなかったから、
今もこうしてグズグズと付き合いが続いてしまってる。

どうして一人にしたの。
一緒にいてほしかった。
あの時言えなかったことを吐き出したはる。
そして、理一郎はそうして怒られたことですっきりする。
自分は逃げていた。
今もまだ逃げ続けている。

そうして、二人はやっと次に進む決心がついた。

理一郎の方もはるがそうしてぶつけてくれたことで、
かすみと少しずつ歩こうとしていく。
ただまぁ、部屋がすっかりかすみたちの色に変わったことには戸惑ってるようですが^^;

彩ちゃんはお母さんが離婚したのは自分が原因だと思ってたんですね。

そして、はるはプロポーズされた永冨に答えを伝えた。

老いた夫と日向ぼっこしながら結婚って大したことなかった、
と話をすることが夢。
その時に思い出すのは理一郎との失敗した結婚ではない。
これから何十年をともにする結婚の相手。

その話を聞いた永冨はそれは自分ではないんですね、と。

理一郎の幸せを見届けたら。
そこから自分のことを考える。
好きだから。
好きな人のためだから。

はるの決断。
けれど、永冨とのことがダメになったことを理一郎には言えなかった。
言おうとした。
でも、変な邪魔が入ることになる。

なんでやねん。
何でここであんたが出てくる^^;
ていうか、はるは小百合のことは気にせず話すべきだろうて。
何で嘘をつくのかと。
それとこれとは関係ないやん、どう考えても。

その辺は次回さっそく動くみたいですね。
どういう風になっちゃうのやら。

衛藤はる:比嘉愛未
早勢理一郎:満島真之介
小笠原かすみ:佐津川愛美
永冨匠平:淵上泰史
海江田護:中尾明慶
荒巻小百合:江口のりこ
衛藤しず夏:松川星
小笠原彩:横山芽生
衛藤銀一:大石吾朗
織田多実子:芦名星
喜多嶋竜一:佐藤隆太

公式HP

#01 | #02 | #03 | #04

トラックバック

TB*URL

恋愛時代 (第5話・4/30) 感想

読売テレビ系『恋愛時代』(公式) 第5話『涙の別れでも楽しかった…元夫は特別キス』の感想。 なお、原作小説:野沢尚『恋愛時代』は未読。 はる(比嘉愛未)は妹・しず夏(松川星)の大学の准教授で家族社会学が専門の喜多嶋(佐藤隆太)を訪ね、研究対象にされたことに激怒する。一方、理一郎(満島真之介)は部屋をかすみ(佐津川愛美)親子の空間に変えられ、追い詰められて...

「恋愛時代」 第5話 涙の別れ でも楽しかった・・・元夫は特別キス  

 喜多嶋(佐藤隆太)に分析めいたことを言われたはる(比嘉愛未)は彼の研究室を訪ねました。 別に喜多嶋のお説を詳しく伺いたいって訳ではなく、「勝手にこっちのことを調べる ...

恋愛時代 第5話

「涙の別れでも楽しかった…元夫は特別キス」 内容 はる(比嘉愛未)の勤めるジムの会員、喜多嶋(佐藤隆太)が 大学の先生だと知る。家族社会学が専門で、研究対象として はると理一郎(満島真之介)の関係に興味を覚えたらしい。 まさかのことに、怒りを覚えるが。。。...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad