edit

ゴーストライター #10 最終回

『最終回・女王の帰還 罪深き女たちの逆襲』
う~ん。
いまいち話が頭に入ってこなかった。

とりあえず、リサと由樹がそれぞれ復活。
小田が仕掛けたわけですが、鳥飼から了解を得てしてたんですね。
また個人で突っ切ってたのかと思ってた。
神埼を出し抜いたわけですけど、そちらにはリサが歩み寄ったり。

綺麗に終わりすぎたのかねぇ?

番宣が一瞬何のことかわからんかった。
時間なくて春ドラマのまとめが更新出来てなかったわけですが、
火曜9時枠が出てないなぁ、と思ってたけどドラマ枠じゃなくなんのか。

遠野リサ:中谷美紀
川原由樹:水川あさみ
小田颯人:三浦翔平
塚田真奈美:菜々緒
岡野慎也:羽場裕一
坪田智行:水橋研二
尾崎浩康:小柳友
遠野大樹:高杉真宙
田浦美鈴:キムラ緑子
遠野元子:江波杏子
鳥飼正義:石橋凌
神埼雄司:田中哲司

公式HP

#01 | #02 | #03 | #04 | #05 | #06 | #07 | #08 | #09

トラックバック

TB*URL

「ゴーストライター」身代わりの作家由樹は1人の作家として独り立ちしリサも再び作家として復帰を果たした

「ゴーストライター」最終話はリサから小説のデータを渡された由樹だったがやはりリサの名前で出せないと断りを入れた。そんな由樹はリサの原稿を出版社に持ち込むがうちでは出せ ...

ゴーストライター (第10話 最終回・3/17) 感想

フジテレビ系『ゴーストライター』(公式) 第10話/最終回『最終回・女王の帰還。罪深き二人の女の逆襲』の感想。 苦しいから書くのだという思いに目覚め、小説を書き始めたリサ(中谷美紀)。だが、神崎(田中哲司)らに出版はできないと断られる。そのリサから小説のデータが入ったUSBを受け取った由樹(水川あさみ)。書けなくなり苦しむ由樹はリサの小説に打ちのめされ、迷いに取りつかれる...

ゴーストライター 「最終回・女王の帰還 罪深き女たちの逆襲」

なんだか、新人賞に応募してきたリサ(中谷美紀)息子、大樹(高杉真宙)の件といい、母・元子:江波杏子の今後といい、由樹(水川あさみ)に未練を残してた、元婚約者といい、いろいろと、視聴者に「想像させる」終わり方でしたね (^^;)リサの新作「私の愛しい人」のデータを、由樹は読んだ上で傑作と感じ、自分のものでなく、あくまでリサの名で書籍化を考え、神崎(田中哲司)を訪れたり(彼は「ウチでは出せない」...

ゴーストライター 第10話(最終話)

第10話(最終話) JUGEMテーマ:エンターテイメント

ゴーストライター 第10話(最終回)★共同執筆で復活

ゴーストライター 第10話(最終回) 苦しいから書くのだという思いに目覚め、小説を書き始めたリサ(中谷美紀)。だが、神崎(田中哲司)らに出版はできないと断られる。そのリサから小説のデータが入ったUSBを受け取った由樹(水川あさみ)。書けなくなり苦しむ由樹はリサの小説に打ちのめされ、迷いに取りつかれる。一方、リサの手は止まることがなかった。形にすることができない作品を生み出し続けるリサと窮地...

ゴーストライター 最終回

リサ(中谷美紀)は、新たに書き上げた小説「私の愛しい人」のデータを由樹(水川あさみ)に手渡します。 小説が書けなくなって来ている由樹は、一時は小説の名前をリサから自分の名前に変えようとしたようですが、やっぱり辞めたようですね。 そして、由樹は自分がもらったものだからと、そのデータを持ち帰ります。 由樹は神崎編集長(田中哲司)に、リサの小説を本にしてほしいと頼みますが、頑なに...

ゴーストライター 第10回(最終回)

「最終回・女王の帰還罪深き女たちの逆襲」 内容 リサ(中谷美紀)から手渡された小説を読んだ由樹(水川あさみ) それをリサに返そうとするが、取りやめることに。 するとリサは、由樹に問いかける。「誰のために書いてるの?」 由樹は、リサの小説を手に神崎(田中哲...

『ゴーストライター』第10話(最終回)と『まっしろ』ちょっと ツイッターつぶやき感想(3/17)

先生に媚びてるって言われて分かったんです。 前の私は顔の見えない読者じゃなくて、顔の見える人に向けて書いてました。 家族とか彼、それから、誰よりも先生です。 先生に読んでもらいたくて褒めてもらいたくて書いてました。 先生のために書きたいんです。 お願いします。 ゴーストライター  第10話       kukucooo 待機 RT ...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.