edit

月曜日は2限から 4巻

月曜日は2限から(4)/斉藤ゆう(著)ゲッサンにて連載中の斉藤ゆうさんの「月曜日は2限から」第4巻。

冬休みから新年、バレンタインと冬の出来事。

花ちゃんにグイグイ押されて照れるちこ先輩。
ちこ先輩は本当に振り回されてばかりだねぇ。

先生が普通に終業式の最中に咲野探しに居村を使うというね。
自分で探しましょうよ^^;

新年に向けて。
こたつの温度は自分で調節しましょう。
結局、部屋の掃除はしたのかね?^^;
で、その掃除に居村を呼ぼうとしたわけですが、
当然くるわけもなく。
てか、この時の咲野の雰囲気がちと違っていいなぁ、と。

さらに雰囲気が変わる初詣。
着物姿の咲野。
いいですねぇ。
で、居村は確かにその変化についての言及が遅いよね^^;
第一声で言ってもいいくらいなのにねぇ。

ちこ先輩の初夢。
何故、居村が死ににいくような感じなのかw

新学期。
ギリギリ遅刻せずにやってきた咲野。
ただし、終業式は前日だと思っていた。
ダメですやん^^;
まぁ、当日ちゃんとこれたけども。

遅刻ギリギリで自転車通学。
申請した人しか出来ないわけで、罰則として掃除することに。
そこは持ってきちゃいけないものを没収しておく部屋。
というわけで、咲野の部屋ですね。
本当に、もう^^;
でもって、片付けられない子、というか散らかして終わってますやんw

居村の寝起きドッキリ。
する側だったはずが、いつの間にかされる側に。
ていうか、無防備すぎるでしょうにね^^;

バレンタインにちこ先輩にプレゼント。
持ち物検査でも動じない咲野。
本当に動じない^^;
で、そのプレゼントは本当は居村からのものだったいうね。
誕生日のお返しの意味を込めてのカチューシャだったわけですが、
咲野は言わないまま渡す。
ちこ先輩の気持ちの持ち方が違ってくるでしょうに、
そんないじわるしてやんなよ^^;
で、先輩からのチョコはなしで落ち込む二人。

今回のおまけは咲野が英語力を発揮。
って本当に英語が達者なのかね?

さて、連載の方では新年度が始まって後輩が登場。
新キャラがどうなってくのかこの作品の楽しみがまた増えました。

関連記事
月曜日は2限から 1巻
月曜日は2限から 2巻
月曜日は2限から 3巻


月曜日は2限...

月曜日は2限...
著者:斉藤ゆう
価格:648円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad