edit

ゴーストライター #09

『天才復活か?退屈で平和な日々の果てに』
書かなくなったリサと書けなくなった由樹。
元ゴーストライターという肩書が離れない。
それをとってしまえば売れない。
だから、取れない。
自分の書くものがその程度であると自分自身でわかっているから。

一方、リサは再び書き始めた。
書くことが苦しいんじゃなくて、
苦しいから書くんだ、と気づいたから。
書くことでしか自分は生きていけない。

でも、その小説は世に出ない。
だったらとリサは由樹にそのデータを渡した。

それを読み終えた由樹は遠野リサの名前を川原由樹へと変えた。

次回、最終回。
二人の女性の結末はどうなるのやらねぇ。

遠野リサ:中谷美紀
川原由樹:水川あさみ
小田颯人:三浦翔平
塚田真奈美:菜々緒
岡野慎也:羽場裕一
坪田智行:水橋研二
尾崎浩康:小柳友
遠野大樹:高杉真宙
田浦美鈴:キムラ緑子
遠野元子:江波杏子
鳥飼正義:石橋凌
神埼雄司:田中哲司

公式HP

#01 | #02 | #03 | #04 | #05 | #06 | #07 | #08

トラックバック

TB*URL

「ゴーストライター」身代わりの作家9由樹は持っているストックを使い果たしリサが味わった苦しみを知りリサはそんな由樹に自らの著書を由樹に手渡した

「ゴーストライター」第9話は小説家を辞めたリサは元子の介護に専念していた。その頃由樹は小説を書きながら多忙な日々を送っていたが次々と来る出版の依頼に疲弊し始めていた。 ...

『ゴーストライター』 第9話 感想とあらすじ

ああ、なんか解るわ~~…抑圧された子供時代からの記憶、書く事で発散される鬱屈した気持ち。解放されたんじゃない。書かない事もまた地獄なんだよ、遠野リサ。感想記事・トラバ・...

ゴーストライター (第9話・3/10) 感想

フジテレビ系『ゴーストライター』(公式) 第9話『天才復活か?退屈で平和な日々の果てに』の感想。 ‘小説家・遠野リサ’としての生き方から解放され、自分らしさを取り戻したリサ(中谷美紀)。落ち着いた生活を送ることにより、あらためてリサの中で、純粋に小説を書きたいという意欲が湧き上がってくる。一方、人気小説家としての地位を得た由樹(水川あさみ)にも変化が起きていた。華やかな立...

ゴーストライター 第9話

小説家を辞めたリサ(中谷美紀)は家事に勤しみ、母・元子(江波杏子)の介護にも力を入れていました。 一方、由樹(水川あさみ)は小説を書きながら、雑誌の取材やトークショーの仕事を精力的にこなしていました。 そんな中、編集部にいた小田(三浦翔平)のところに、岡野(羽場裕一)が由樹の次回作の表紙のサンプルを持って来ます。 小田は帯に書かれた「元ゴーストライター」の文字を外せないかと...

ゴーストライター 「天才復活か?退屈で平和な日々の果てに」

ドキッ、私、前回、間違って解釈してました。リサ(中谷美紀)の秘書だった、美鈴(キムラ緑子)が、襲ったのは、同じ、リサ愛しでも、実はターゲットが由樹(水川あさみ)のつもりで、似たような服装と、呼び出してエレベーターから降りてきたのが、たまたま… という偶然から、間違えて刺してしまったのですね。その美鈴も、精神科に入院。見舞いにきたリサに、「由樹への謝罪の手紙」を… ってので、やっと納得いったの...

ゴーストライター 第9話★逆ゴースト!?

ゴーストライター 第9話 ‘小説家・遠野リサ’としての生き方から解放され、自分らしさを取り戻したリサ(中谷美紀)。落ち着いた生活を送ることにより、あらためてリサの中で、純粋に小説を書きたいという意欲が湧き上がってくる。一方、人気小説家としての地位を得た由樹(水川あさみ)にも変化が起きていた。華やかな立場の反面、底の見えないような孤独にさいなまれる由樹は、次第に‘書く力’を失いつつあった。真...

ゴーストライター 第9回

「天才復活か?退屈で平和な日々の果てに」 内容 リサ(中谷美紀)は、小説家を辞めて家事をしていた。 母の介護をしながら。。。。 家に帰ってきた大樹(高杉真宙)は、そんな姿に。。。。 一方、 小説家となった由樹(水川あさみ)の小説は、話題性もアリ、売れ行き...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.