edit

銭の戦争 #08

『新たな敵 本当の悪は誰だ…愛に翻弄される女』
ホワイト化学を取り戻すために動き出した白石。
赤松からの情報で相手にしたのは特許庁の役人。
会長から金を受け取って特許の審査を遅らせていた。

灰谷に協力を頼んだりして、役人を追い詰めていく。
その中で未央が危険になり、心配させるな、と。
そういうこと言われたら、また離れがたくなるんじゃないのかね?
どうなるのやら。

というわけで、会長を脅す材料を手にしたわけで、
ホワイト化学を取り戻せると思っていた白石。
けれど、一歩遅かった。
白石は赤松に利用されていただけだった。
梢の仕事場の盗聴器から得た情報で会長を脅し、
青池の株の51%を赤松が手にしていた。
決定権は赤松に移っていた。

再び敵は赤松に。

梢は家族を守るために不正を見なかったことにするつもりみたいですね。

白石富生:草なぎ剛
紺野未央:大島優子
青池梢:木村文乃
桜田慎一:高田翔
円あかね:新川優愛
白石孝夫:志賀廣太郎
白石三保子:木野花
白石光太郎:玉森裕太
紅谷裕蔵:津川雅彦
青池早和子:ジュディ・オング
紺野洋:大杉漣
赤松大介:渡部篤郎

公式HP

#01 | #02 | #03 | #04 | #05 | #06 | #07

トラックバック

TB*URL

銭の戦争 第8話

第8話 JUGEMテーマ:エンターテイメント

銭の戦争 第8話

富生(草彅剛)は、亡き父・孝夫の会社・ホワイト化学が経営難に陥った裏には、早和子(ジュディ・オング)の思惑があったことを知って、怒りが抑えられない状態になっていました。 赤松(渡部篤郎)は、そんな富生をけしかけるように、早和子が特許庁の水越(浅野和之)と手を組んで、ホワイト化学が出願した特許が降りないように画策していたことを教えるのでした。 翌日、早和子の青池ファイナンスの人間を...

【銭の戦争】第8話感想と視聴率

「新たな敵 本当の悪は誰だ…愛に翻弄される女」 第8話の視聴率は、前回の14.4

銭の戦争 (第8話・2/24) 感想

関西テレビ系『銭の戦争』(公式) 第8話『新たな敵本当の悪は誰だ…愛に翻弄される女』の感想。 なお、原作漫画:パク・イングォン『銭の戦争』も関連ドラマも未見。 富生(草なぎ剛)は、20億円でホワイト化学を買い戻したいと早和子(ジュディ・オング)に持ち掛ける。しかし、早和子は応じない。富生は、早和子がホワイト化学の乗っ取りのために特許庁の職員・水越(浅野和之)を利用してい...

銭の戦争 第8話

「新たな敵本当の悪は誰だ…愛に翻弄される女」 内容 赤松(渡部篤郎)から、ホワイト化学をホントに追いつめた黒幕は、 早和子(ジュディ・オング)だと知らされる。 まさかのことに、戸惑い。。。そして怒る富生(草なぎ剛)。 一方、富生から、早和子のことを聞いた...

銭の戦争 第8話

もう8話!全11話だそうです。残り3話でまとめ切れるでしょうか。敵は本能寺でしたね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.