edit

ゴーストライター #07

『私は消えたい…勝利のシナリオの結末』
何じゃそれ、って感じだったなぁ。
リサは当然として、小田もねぇ。

なぜ、小説が書けると思ったのか。
由樹は小説を書いて発表する場を奪われただけでなく、
小説を書くという好きな気持ちさえも奪われた。
まぁ、ゴーストライターを引き受けてしまった由樹自身の問題でもあるけども。

リサは母の介護や息子との時間を理由に引退を決めた。

そのリサは旅行先で起きた火災で逃げるのをやめ、死のうとした。
そんなリサに出て行った息子が死んで楽になろうとするな、と。

テレビ番組でリサは真実を話した。
遠野リサという作家を彼女は消した。

今更だよなぁ。
リサは大変な道を選んだわけですけど、それで由樹がどうにかなるわけでもないし。

次回、リサが倒れる。

遠野リサ:中谷美紀
川原由樹:水川あさみ
小田颯人:三浦翔平
塚田真奈美:菜々緒
岡野慎也:羽場裕一
坪田智行:水橋研二
尾崎浩康:小柳友
遠野大樹:高杉真宙
田浦美鈴:キムラ緑子
遠野元子:江波杏子
鳥飼正義:石橋凌
神埼雄司:田中哲司

公式HP

#01 | #02 | #03 | #04 | #05 | #06

トラックバック

TB*URL

ゴーストライター「私は消えたい…勝利のシナリオの結末」

裁判は、リサ(中谷美紀)と駿峰社の完全勝利。また、世間には、認知症の母(江波杏子)の介護のため、と、休業宣言します。裁判で倒れて入院し、退院した由樹(水川あさみ)は、小田(三浦翔平)の配慮で、真奈美(菜々緒)の部屋で居候するも、メディアでも、ネットでもバッシングされて、ついに「書く」気力まで失われ、必死で彼女の行方を探す、元・婚約者・尾崎(小柳友)の電話に出る気力さえありません。また、街で偶...

ゴーストライター 第6話★これは私が書いた小説ではありません

ゴーストライター 第6話 マスコミに追われる由樹(水川あさみ)は、外出もままならず、小田(三浦翔平)から励まされても、小説を書くこともできなくなる。一方のリサ(中谷美紀)は、神崎(田中哲司)の反対を押し切り休筆を発表。母親の元子(江波杏子)が認知症であることを明かし、家族との時間をつくりたいと語ったリサの休筆宣言は、世間から好意的に受け入れられる。しかし、母親の言葉が信じられない大樹(高杉...

ゴーストライター 第7話

 第7話 JUGEMテーマ:エンターテイメント

ゴーストライター (第7話・2/24) 感想

フジテレビ系『ゴーストライター』(公式) 第7話『私は消えたい…勝利のシナリオの結末』の感想。 マスコミに追われる由樹(水川あさみ)は、外出もままならず、小田(三浦翔平)から励まされても、小説を書くこともできなくなる。一方のリサ(中谷美紀)は、神崎(田中哲司)の反対を押し切り休筆を発表。母親の元子(江波杏子)が認知症であることを明かし、家族との時間をつくりたいと語ったリサ...

ゴーストライター 第7話

ゴーストライター裁判は、リサ(中谷美紀)の勝訴に終わり、由樹(水川あさみ)は心労で倒れて入院することになってしまいます。 退院した由樹は、小田(三浦翔平)に付き添われて、真奈美(菜々緒)の部屋に戻りますが、テレビを付けると由樹の実家に押し寄せるレポーターの姿がありました。 元婚約者と言うことで、浩康(小柳友)のところにも・・・ 由樹は食欲もなく、お母さんに電話をかけてただ謝...

「ゴーストライター」身代わりの作家7偽りの勝訴でリサは由樹を追い込んだが孤独感に襲われ全ての罪をテレビでカミングアウトし偽りの勝訴を認めた

「ゴーストライター」第7話は裁判で勝訴したリサは何とか世間のバッシングを由樹に向ける事に成功したが由樹は心労で倒れてしまう。由樹は退院するも実家にはマスコミが押し寄せ ...

ゴーストライター 第7回

「私は消えたい…勝利のシナリオの結末」 内容 由樹(水川あさみ)を名誉毀損で訴えたリサ(中谷美紀)と駿峰社。 神崎(田中哲司)の作戦どおり、由樹を追いつめていき。。。、リサは勝訴した。 リサの勝訴により、由樹は世間やマスコミからバッシングを受けることに。 ...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.