edit

流星ワゴン #06

『チュウさんvs忠さん 頑固オヤジを倒せ!!』
忠さんを追いかけて実家へと戻ることになったカズ。
その理由は、忠さんが未来の自分に会えば全てがなかったことになるから。
だったら、お前が言え、ということになるわけですが、
カズは忠さんを避けてしまう。

こうなったのは自分のせいだ、自業自得だとカズは言う。
けれど、忠さんは逃げてるだけだ、お前の家族がおかしくなったのもお前が全て悪い、と。

二人はぶつかり、けれどカズは母の想いを知る。
わがままな人だけどかけがえのない人。

健太もまた母の想いを澄江さんから聞くことになる。
どんなことがあっても忘れない。
いくつになっても自分の子供は子供だと。

そして、カズは覚悟を決めて父の前に立つ。
全てをさらけ出したカズの言葉だった。
母の気持ちを代弁する言葉だった。
けれど、それは父に届かなかった。

その姿に忠さんは涙を流し、自分に怒りをぶつける。
出て行ってぶん殴りたかったでしょうにね。
朋輩として一緒に旅してきたカズが一歩踏み出した、
それをぶち壊さないように必死で耐えていたんでしょうね。

その帰り道、苦しむ忠さん。
そして、自分の後悔がなんなのか思い至る。

次の場所が最後のやり直し。
自分の家族から離れている間にもカズの家族はどんどん悪い方へと進んでいく。

永田一雄:西島秀俊
永田忠雄:香川照之
永田美代子:井川遥
永田智子:市川実和子
永田伸之:髙橋洋
千賀和哉:入江甚儀
古閑:町田啓太
橋本健太:高木星来
永田広樹:横山幸汰
幼少の一雄:佐藤詩音
幼少の智子:梅垣日向子
若き澄江:渡辺真起子
永田澄江:倍賞美津子
橋本義明:吉岡秀隆

公式HP

#01 | #02 | #03 | #04 | #05

トラックバック

TB*URL

【 流星ワゴン 】第6話 感想

のう、健太。 何? 死ぬっちゅうのは、どういう感じじゃった? やっぱり、痛いんか? 恐ろしいんか? そんなの思い出したくない! 死んじゃったらいいことなんて一つもないよ。 流星ワゴン 第6話      簡単感想で~~…。 先週の健太の件は、やはり一旦置いておくことになっているらしい…。 ま、あくまでも一旦です。 ...

流星ワゴン (第6話・2/22) 感想

TBS系『流星ワゴン』(公式) 第6話『チュウさんVS忠さん頑固オヤジを倒せ!!』の感想。 なお、原作小説:重松清『流星ワゴン』は未読。 ‘現実’の世界で自分が余命わずかだと知った忠雄(香川照之)は運命を変えようと帰郷する。橋本(吉岡秀隆)から若い忠雄が現在の忠雄(香川=2役)に会えば、時間の流れにゆがみが生じ、やり直しの旅もなかったことになってしまうと忠告された一雄(...

流星ワゴン「チュウさんVS忠さん頑固オヤジを倒せ!!」

ワゴンに乗ってる坊や、橋本健太(高木星来)の親が再婚して次の家庭を気づいてることを知りながら会わせた、「真実を知ることが肝心なんじゃ」なチュウさん(香川照之)に、一雄(西島秀俊)がキレて、ついに、本物のリアル・忠雄(香川照之)は、がんの発見が手遅れで、今や瀕死な状態なのを告げてしまいます。福山に向かう、チュウさん(二役)。それを追って、一雄と健太も、故郷へと急ぎます。一雄と健太を歓迎してもて...

流星ワゴン 第6話

一雄(西島秀俊)はついに、忠雄(香川照之)が現実世界で今にも死にそうな状態であることを明かしてしまいます。 後悔を消せないまま現実の忠雄が死亡すると、生霊の忠雄は永遠にこの世を彷徨うことになってしまうらしい。 それを知った忠雄は、この時代の自分と接触しようと広島・鞆の浦の家に向かいます。 しかし、老いた忠雄と若い忠雄が出会えば、時間の流れに歪みが生じて、すべてが元に戻される...

流星ワゴン 第6話

「チュウさんvs忠さん頑固オヤジを倒せ!!」 内容 健太(高木星来)のことをきっかけに、 その忠雄(香川照之)の態度に怒った一雄(西島秀俊)は、ついに告げてしまう。 「あんたは、もう、死ぬんだよ!」 そして橋本(吉岡秀隆)から聞いた話を伝える。 死のふちで大...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.