edit

ゴーストライター #03

『罠か、チャンスか、デビューの甘い誘惑』
リサは由樹のために執筆するための部屋を与えた。
そして、次の連載を一から組み立ててみてほしい、と。

そのプロットをリサと由樹の二人が小説へ。
神埼が由樹に書かせた。
リサには内緒で。

そうして書かれた由樹の原稿。
書けないというリサにそれを見せた。
連載を全て由樹にリサの名前で書かせればいい、と。
書けるようになるまで。

そして、小田に預けていた原稿で由樹の名前で本にすることとなった。
リサの代わりを続けさせるために。
手に取られることのない部数で。

対談では由樹の言葉をそのまま使った。
というか、使うしかないもんな、そりゃ。
それが元になってるんだから、そう言うしかないでしょうに。
それも含めて作品なんだから使われても仕方ない気がするなぁ。
言いくるめられて納得したとは思うけどね。

さてはて、リサと由樹の関係はどんどん悪くなっていくようですね。

遠野リサ:中谷美紀
川原由樹:水川あさみ
小田颯人:三浦翔平
塚田真奈美:菜々緒
岡野慎也:羽場裕一
坪田智行:水橋研二
尾崎浩康:小柳友
遠野大樹:高杉真宙
田浦美鈴:キムラ緑子
遠野元子:江波杏子
鳥飼正義:石橋凌
神埼雄司:田中哲司

公式HP

#01 | #02

トラックバック

TB*URL

ゴーストライター「罠か、チャンスか、デビューの甘い誘惑」

遠野リサ(中谷美紀)は、川原由樹(水川あさみ)のために、豪華な仕事部屋を提供。由樹がプロットを書くようになって、巷の評判は上がったから、でした。小田颯人(三浦翔平)は、再び神崎雄司(田中哲司)に、由樹の持ち込み原稿を見せ、それを見た神崎は、由樹に、プロットのみならず、小説の形で並行して書くことも薦めます。リサの新連載『おとぎの国の住人』プロットは設定からストーリーまで自由に書いていいともいい...

ゴーストライター 第3話★遠野リサの代わりは誰もいない

ゴーストライター 第3話 「罠か、チャンスか、デビューの甘い誘惑」というサブタイトルがピッタシの内容でした。 −◆− 神崎(田中哲司)は由樹(水川あさみ)にリサの新連載『おとぎの国の住人』を書く代わりに、持ち込み原稿『二番目のわたしへ』を出版してやると提案。 自分の原稿が本になるという誘惑に勝てない由樹は神崎の条件をのみました。 これで由樹の持ち込み原稿『二番目のわたしへ』...

ゴーストライター (第3話・1/27) 感想

フジテレビ系『ゴーストライター』(公式) 第3話『罠か、チャンスか、デビューの甘い誘惑』の感想。 由樹(水川あさみ)の書くプロットによって、リサ(中谷美紀)の作品は評価を取り戻す。リサは、由樹に執筆用の部屋を与え、優遇する。そんな中、由樹は神崎(田中哲司)から、小説駿峰で始まるリサの新連載は、プロットだけでなく自分の手で小説に仕上げてみるよう勧められる。一方、リサのかつて...

デート二話&ゴーストライター三話&銭の戦争四話感想

■デート二話 高等遊民(笑)二話のラストの長谷川博己が、熱く語っていた(杏にプロポーズした)シーンは圧巻だったね。。 自分は働かない高等遊民だから、僕と結婚して養って欲しい!本当にお金がかからないんだ!家のことはなんでもするから!みたいな。高等遊民を名乗るだけあって、読書や芸術には触れているので、変に教養だけはあり、妙な説得力があるんだよね(笑) あの長い台詞も、後ろでダンス始まっちゃ...

ゴーストライター 第3話

第3話 JUGEMテーマ:エンターテイメント

ゴーストライター 第3回

「罠か、チャンスか、デビューの甘い誘惑」 内容 リサ(中谷美紀)は、由樹(水川あさみ)にプロットを書かせ、 それを利用して小説の執筆。その小説の評判は上々だった。 事情を知らない小田(三浦翔平)は、 神崎(田中哲司)に、由樹から預かっている原稿を読んで...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.