edit

クロスアンジュ 天使と竜の輪舞 #12

『右腕の過去』
ジルによって語られる世界の秘密。
そして、王族たちで決められる世界のこれから。

争いのない世界。
そんな世界を変えたくて創造主はマナを持つ人間を作った。
けれど、どうしても本来の人間は生まれてしまう。
それならと、ノーマとして彼らを絶対悪に置くことで、
人の世界に安定を与えた。

が、作り変えられた世界を許すまじと、
旧人類は立ち上がった。
そうして、奪ったのがヴィルキス。

でも、ヴィルキスに乗れる人は限られていた。
旧人類たちはアルゼナルの存在を知り、時を待った。
そこに現れたのが王族で初めてのノーマとなったジルだった。

王族の指輪の力でジルはヴィルキスを乗りこなしたが、
それでも不十分だった。
彼女には歌がなかったんですね。
そして、戦いの中で右腕と指輪を失った。
だから、本来の名前を捨ててジルと名乗ってるってことなんかな?

リベルタスについての話もあったけれども、
アンジュは自分でこれからを選んだ。
が、そうして選ぼうとしたこれから。
ドラゴンを殺してお金を稼いで好きなものを買う。
そのドラゴンの正体を知る。

ヴィヴィアンに訪れた変化。
彼女はドラゴンになっていた。
これまでに殺してきたドラゴンも全て人だった。

その事実にアンジュはジルにキレるわけですが、
どうするのやらね。

そのタイミングでジュリオたちがアルゼナルに。
ノーマを救うため、ということですが、
明らかに嘘なわけで、それぞれどう動くのかね?

ところで、何でアンジュがヴィヴィアンに触れると戻ったんだろう?
で、ノーマがドラゴンになる、ってことなのか。
そうではなくて全ての人間が、ってことなのか。
どっちなんだろう?
対策をしてるってことはノーマだけがということなのかな?

氷漬けになる大型のドラゴンも人なんかね?
で、そのドラゴンはどこかに輸送されてるようだけど、
あれは創造主が研究してるとかってことなんかな?

ていうか、今回ちょっと顔がおかしいシーンが多かったんだが、
2クール保つのか?

アンジュ:水樹奈々
サリア:喜多村英梨
ヒルダ:田村ゆかり
ヴィヴィアン:桑島法子
ロザリー:石原夏織
エルシャ:小清水亜美
クリス:小倉唯
モモカ・荻野目:上坂すみれ
タスク:宮野真守
サラ:堀江由衣
ジル:本田貴子
エマ・ブロンソン:ゆかな
メイ:渕上舞
マギー:豊口めぐみ
ジャスミン:玉川砂記子
ゾーラ:根谷美智子
ジュリオ・飛鳥・ミスルギ:鳥海浩輔
シルヴィア・斑鳩・ミスルギ:東山奈央
リィザ・ランドッグ:ゆかな
ミスティ・ローゼンブルム:伊瀬茉莉也
ジュライ・飛鳥・ミスルギ:山寺宏一
ソフィア・斑鳩・ミスルギ:林原めぐみ

トラックバック

TB*URL

クロスアンジュ 天使と竜の輪舞 12話「右腕の過去」

評価 ★★★★ アンジュはかわらないなぁ( ;∀;)                 

クロスアンジュ 天使と竜の輪舞 第12話『右腕の過去』 キャプ付感想

クロスアンジュ 天使と竜の輪舞 第12話『右腕の過去』  感想(画像付) ヴィヴィアンちゃんがドラゴン化?!  現人類はマナの使えるよう遺伝子操作されたものなら。 使えない旧人類がドラゴンにされたとかでしょうか? もしくは失敗作とか…  アンジュに語られるジルとヴィルキスの凄惨な過去、そしてこの世界の真実。 謎の男エンブリヲの影が忍び寄る。  

クロスアンジュ 天使と竜の輪舞 第12話「右腕の過去」

クロスアンジュ 天使と竜の輪舞の第12話を見ました。 第12話 右腕の過去 ドラゴンと未確認のパラメイルの存在だけでなく、反乱の際に破壊されたはずのヴィルキスが現存することに驚き、各国の代表者が責任のなすり付け合いをしていた。 「どうしようもないな。本当にどうしようもない。選択肢は二つ。一、ドラゴンに全面降伏する。二、ドラゴンを全滅させる。だから…三、世界を作り直す。全...

クロスアンジュ 天使と竜の輪舞 #12

アンジュがお風呂で^^;、ジルから世界の真実を聞かされるお話でした。アルゼナルに強力な敵が現れたことは、各国の代表にも知らされました。その中には、アンジュの兄ジュ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad