edit

魔弾の王と戦姫 #12

『聖窟宮(サングロエル)』
エレンはたまにおっさんのようになりますね^^;
で、そのエレンが眠ってしまったティグルを起こすために殺気を使った。
結果、胸を鷲掴みにされる。
ティグルは何で胸を狙いすましたように掴むのでしょうかね?^^;

さてはて、レギンを連れて地下へ。
そこに待ち構えていたのはテナルディエ。

落盤は脆かったものが戦闘になったことで、
ってことなのかね?
その中でティグルがピンチに。
駆けつけようとしたエレン。
でも、彼女は落石に邪魔をされてしまう。
その中で駆けつけたのはバートランだった。
彼は命がけでティグルを守った。

というわけで、ティグルは落ち込んでしまってるわけですが、
どうなるのやら?

ティグルヴルムド=ヴォルン:石川界人
エレオノーラ=ヴィルターリア:戸松遥
ティッタ:上坂すみれ
リムアリーシャ:井口裕香
リュドミラ=ルリエ:伊瀬茉莉也
ソフィーヤ=オベルタス:茅野愛衣
アレクサンドラ=アルシャーヴィン:小松未可子
エリザヴェータ=フォミナ:小林ゆう
ヴァレンティナ=グリンカ=エステス:原田ひとみ
ルーリック:興津和幸
マスハス=ローダント:飯島肇
バートラン:菅生隆之
ザイアン=テナルディエ:木村良平
フェリックス=アーロン=テナルディエ:松本大
ロラン:東地宏樹
ナレーション:小杉十郎太

トラックバック

TB*URL

魔弾の王と戦姫 第12話『聖窟宮(サングロエル) 』 キャプ付感想

魔弾の王と戦姫 第12話『聖窟宮(サングロエル)』 感想(画像付) 忠臣バートラン散る。 死亡フラグ立てたらあっという間でした。 だからフラグは立てるなと…。    レギンが王族であることを証明すれば、アルサスの平和にもつながる――。 ティグルたちは、当初の予定どおり “シャルルの聖窟宮”へと向かった。 聖窟宮は、かつて建国王シャルルが王となる天啓を受けた地。 と...

魔弾の王と戦姫 #12 感想 優しいお爺さんが退場。はやり男キャラとモブ兵には厳しいな。

[ 聖窟宮(サングロエル) ]

魔弾の王と戦姫 第12話 『聖窟宮(サングロエル)』 お風呂にパンチラ、何て楽しい回だと思ったら急転直下。

胸を揉んで謝罪されるという役得。女性陣勢揃いで水浴びと、のっけから大サービスですね。話題の中心はやはりリムアリーシャ。5人の中で一番胸が大きい上に更に成長中。でもエレンは勿論、他の3人も十分以上にある。つくづく魔弾世界は豊満な女性に溢れています。 ティグルは一度寝るとちょっとやそっとじゃ目を覚まさない。でも普通に起こしているシーンがないのでよく分かりませんね。今回は野生の勘を刺激して起こそう...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.