edit

結城友奈は勇者である #08

『神の祝福』
何が思いやりなのか。
少女の大事な青春を大人の都合で奪っておいて。
それを思いやりなんて言葉を奪われた側が言ったらダメだと思う。

延長戦となったバーテックスとの戦い。
夏凛を除いて新たな精霊が配られた。
その違いは満開になったかどうか。

戦いに備えるがしばらくバーテックスは現れなかった。

そんな中で現れたのは樹が倒したバーテックスにそっくりなバーテックスだった。
力を与えられたからなのか、あっけなく延長線は終わる。
戦いに対して恐怖があったわけですが、友奈が率先して戦いに。

延長線を終えた五人。
が、学校の屋上に戻ったのは三人だけ。
友奈と美森は別の場所に。
そこにいたのは顔を包帯で覆い、ベッドに寝たきりの少女だった。
ずっと呼んでいた、彼女はそう言った。

バーテックスの戦いが終わった後ならば祠を使って呼べる
大橋の近くにも学校の屋上にあるものと同じ祠があった。

園子は勇者として戦っていた。
そんな先輩から後輩へ。

彼女は満開のことを伝えた。
咲き誇った花はその後どうなるのか。
散華という隠された機能。
満開の後に体が不自由になること。
花が咲くごとに花は散る。
勇者は死ぬことはない。
動けない、痛みもない。
あらゆるものを奪われても死ぬことを許されない。

無垢なる少女は神樹様の供物。

奪われた悲しみ。
同じ想いを後輩にさせないために園子は伝えた。
大赦の大人たちは園子の言葉に従う。
半分神様のような存在になったから、と。

少女をそういう存在にすることで大人は許されようとしてる気がする。

そして、美森は園子の友達だったようですね。
わっしーというのは美森のことだったようで。
大切なリボン。
それは彼女から贈られたものということなんでしょう。

失われた記憶と不自由な足。
それらは園子とともに戦っていたときに奪われたもの、
ということになんのかな。
美森だけ精霊が多いのはその時の戦いで一緒にいた精霊が
そのまま引き継がれた、ということかね。

一度戦いを離れた少女さえも戦いに参加させるというのが、
余計に許せないですね。

この世界の大人は本当にクズもいいところだろうて。

友奈たちはこれからどうするのでしょうかね。
バーテックスとの戦いは終わらないってことだろうし。

結城友奈:照井春佳
東郷美森:三森すずこ
犬吠埼風:内山夕実
犬吠埼樹:黒沢ともよ
三好夏凛:長妻樹里

トラックバック

TB*URL

結城友奈は勇者である #08 「神の祝福」

勇者のシステムがかなり見えてきた。「結城友奈は勇者である」の第8話。 バーテックスの生き残り討伐の命が大赦から下りて端末も戻される勇者部。 まとまってきたバーテックスも撃退した勇者部なら一体や二体来た所で 恐くはないとタカを括る。 風だけではなく友奈、美森、樹にも新しい精霊が増える。 せっかくアップデートされたのに自分だけ・・・と夏凜。 が、バーテックスがなかなか現れず大...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.