edit

ごめんね青春! #07

『三島の空に響け!彼女の贈り物』
中井さん、可愛かったですねぇ。
平助と一緒に準備してるときが本当に楽しそうだった。

そんな中井さんが転校することを海老沢から聞いたりさは、
タイミングよく出てきた合併後の校歌をどうするか、という話を利用した。
平助と中井さんに作らせよう、と。

その中で平助からキレられたりもしたわけですが、
りさは本音をぶつけてきた平助にキュンとしたらしい。
好きなところが見つかってよかったけど、
そんなタイミングなのな^^;

で、平助も知ることになった中井さんの転校。
けど、知らない、という体で最後まで見送った。

誰にも見送られない、なんて寂しいですよね。
結局みんながサプライズで見送りをした。
しめっぽくていいじゃないですか、ねぇ。

平助がとうとう自分の罪を告白しようとしたわけですが、
何故、平助が話してる途中でコスメが告白した?
話が始まった段階で自分のことを告白するか迷ってて
平助の話を聞いてなかったんでしょうかね^^;

というわけで、平助は今回も言えないまま。

一方、どんまい先生と一平の恋は終わったようですね。
一平はずるずると結局引きずっていたわけですが、
どんまい先生の方が次の恋に踏み出した。

次回、コスメと父親の対立。
そして、りさが告白。

原平助:錦戸亮
蜂矢りさ:満島ひかり
蔦谷サトシ:永山絢斗
海老沢ゆずる:重岡大毅
蜂矢祐子:波瑠
山田・ビルケンシュトック・京子:トリンドル玲奈
神保愛:川栄李奈
昭島司:白洲迅
中井貴子:黒島結菜
阿部あまり:森川葵
村井守:小関裕太
半田豪:鈴木貴之
古井豊:矢本悠馬
遠藤いずみ:富山えり子
佐久間りえ:久松郁実
成田淳:船崎良
大木隆:竜星涼
吉井良江:斉藤由貴
原みゆき:森下愛子
原一平:えなりかずき
原エレナ:中村静香
豪徳寺教頭:緋田康人
浜口教頭:宍戸美和公
ガールズバー・ママ:植木夏十
村井晋太郎:津田寛治
淡島舞:坂井真紀
三宮大三郎:生瀬勝久
原平太:風間杜夫

公式HP

#01 | #02 | #03 | #04 | #05 | #06

トラックバック

TB*URL

ごめんね青春! (第7話・11/23) 感想

TBS系日曜劇場『ごめんね青春!』(公式) 第7話『島の空に響け!彼女の贈り物』の感想。 【注】本記事は管理人の好き嫌いで書いています。本作をを楽しくご覧になった方や、出演者や原作、脚本家や演出家等のファンの方は読まない方が良いです。 平太(風間杜夫)に頼まれ、一平(えなりかずき)に不倫を問いただした平助(錦戸亮)は、相手が淡島(坂井真紀)だと知ってあぜん。一方...

ごめんね青春! 第7話

「三島の空に響け!彼女の贈り物」 内容 兄・一平(えなりかずき)から、“どんまい”舞(坂井真紀)との関係を 告白されて困惑する平助(錦戸亮) とりあえず、目撃してしまった父・平太(風間杜夫)は、平助が誤魔化し、 ナントカなったのだが。 舞と別れる約束をした一...

【 ごめんね青春! 】 第7話 感想

もし仮に、この中に隠し事をしている人間がいたら、どっちのことわざを 信じるかで答えは180度違う。 寺の息子だからってわけじゃないけど、先生は仏派でした。 真実を話して誰かを傷つけるくらいなら黙っていようって思った。 でも君達は若い。 真実を知って傷ついたとしても立ち直る力がある。 お互いに悔い改めて関係を修復できる時間もある。 逆に正直に打ち明ければよかったって後...

ごめんね青春!「三島の空に響け!彼女の贈り物」

何だか、みんなして疾走感たっぷりに、思いっきり青春!してましたね。どんまい先生 (坂井真紀)と一平 (えなりかずき) の観音様に睨まれる不倫騒動も無事、一件落着。どんまい先生が次の恋に踏み出せてヨカッタ。平助 (錦戸亮) 、「実は、礼拝堂の火事は…」と告白しかけて、さらにドッカーンが起こり、中断されて可笑しすぎ。東京の学校に転校が決まっている 中井 (黒島結菜)、文化祭にむけて本当に頑張った...

ごめんね青春!第6話 第7話

第6話 第7話 JUGEMテーマ:エンターテイメント

ごめんね青春! 第7話★聖駿高校の新校歌「神に誓って 知らぬが仏〜」

ごめんね青春! 第7話 三島の空に響け!彼女の贈り物 聖駿高校の新校歌を考えることに・・・。 とりあえず三女の校歌を生徒に歌わしてこれを聴く三宮校長 (生瀬勝久)たち・・。 「♪悔い改めん 汝の罪を 神の御前に さし出さん 洗い流さん 汝の罪を (富永教諭が)“naver give up! セイントミッシー 罪深き人を・・・ 」 三宮校長「辛気くさいなぁ。」 ...

ごめんね青春! 第7話

東京の学校に転校が決まっている貴子(黒島結菜)は、他の同級生たちよりも積極的に文化祭の準備に乗り出します。 貴子は転校を周囲に隠したまま、出来ることをやり遂げて静岡・三島を離れようとしていました。 そのことを海老沢(重岡大毅)から聞いたりさ(満島ひかり)は、貴子の文化祭の担当を他の生徒たちに割り振って、新校歌を平助(錦戸亮)と貴子の2人で作るように強引に指示します。 しかし...

『ごめんね青春!』 第7話

どんまい先生とデキちゃってもなく、当然一線を越えちゃってもなく、自然の成り行きなんて、あるはずもなかった一平。 シザーハンズでヘッドスパして貰って~(ノ゚ο゚)ノ ポロ襟がそんなに大事か。てな訳で今回は、まどんな先生がラジオでごめんね。。。「短い間だったけど 練

男子校の父と女子校の母の間に生まれて!(錦戸亮)

呪縛は普遍的なテーマである。 初めに心があって言葉が生まれる。 言葉は生まれると心を縛りはじめる。 悲しい時には悲しいと言わなければならない。 暗い時には暗いと言わねばならない。 身に悔いあれば身に悔いと。 男なら男と。 女なら女と。 美しくなければ醜いと。 心は縛り付けられて歓喜に震え嘆く。 言葉

ごめんね青春!七話&すべてがFになる六話感想

■ごめんね青春!七話 ドタバタしているんだけど、きちんとおとしどころは心得てるから安心してみれる。七話はホロッとさせてくれました。 先生との握手だけのさよならで十分伝わってジーンときたから、逆に歩道橋のみんなの見送りはなくてもいいんじゃない??とも思ってしまったけど(笑)あの垂れ幕の似顔絵が、なぜか俺的にホロッとさせられたんだよね。。 でも生徒会長、次週もきっちり出てくるんでしょ?(苦笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.