edit

Nのために #05

『沖縄の夜 新たな恋から歯車が狂い出す』
N作戦は上手くいきすぎたくらいに上手くいった。
野口の親族が所有するビルは売られることがないと確認することが出来て、
野ばら荘が取り壊されることはないと安心出来た。

が、そのきっかけは希美が作り出したものだった。
ダイビング中に奈央子のボンベのバルブを少し閉じてパニックを引き起こした。

それは自分の嫌っていた母や父がしていた嘘だった。

安藤と気まずくなったのはキスされたからではなくて、
そっちが大きかったようですね。

ところで、交換条件みたいなん出されてたけど何を頼まれてたんだろう?
で、野ばら荘にやってきた奈央子は何をしようとしたのでしょうかね。

現在の西崎は何を考えているのか。
希美にお金を送ったようですけど、そこ同封されていた手紙には何が書かれていたのでしょうかね。
そして、安藤は高野ともう一度話を。
西崎は殺していないと思うということを伝えた。
火を恐れていた彼に火のついた燭台をつかうことは出来なかったはずだ、と。

そして、高野は希美の家へ。
家の場所は安藤が教えたんかな?

奥さんは何を隠してんだろうかねぇ。

成瀬は捕まってしまいましたね。
やめようとしてましたけど、遅かった。

杉下希美:榮倉奈々
成瀬慎司:窪田正孝
安藤望:賀来賢人
西崎真人:小出恵介
高野夏恵:原日出子
宮本由妃:柴本幸
成瀬周平:モロ師岡
成瀬瑞穂:美保純
杉下洋介:葉山奨之
杉下晋:光石研
杉下早苗:山本未來
野原兼文:織本順吉
野口貴弘:徳井義実
野口奈央子:小西真奈美
高野茂:三浦友和

公式HP

#01 | #02 | #03 | #04

トラックバック

TB*URL

幸せそうで素敵だなあ幸せそうで素敵だなあ幸せそうで(榮倉奈々)

両親によって踏みにじられ壊されてしまった主人公の良心。 身近にいながらそのことにまったく介入しなかった警察官は・・・もしも主人公が犯罪を犯せば公僕として職務を遂行する。 主人公は別に警察官に復讐するつもりはないが・・・この世界の神は・・・その罪を問う。 そういう意味では「白夜行」よりも進化しているか

【 Nのために 】第5話

一瞬であの頃のことがよみがえってくる。 波の音、海の匂い、憎しみ、軽蔑、無関心、混乱…… 一度ついた嘘はつき通す。 それが嘘を真実に変えるたった一つの方法だった。 Nのために 第5話       2004年。都内のマンションの一室で殺人事件が起きた。 被害者は会社員の野口貴弘と、その妻・奈央子。 警察はその場に居合わせた西崎真人を容疑者として逮...

ドラマ「Nのために」第5話あらすじ感想「沖...

N計画開始--------!!人間関係がつながりを見せた前回。そして、今度はついに10年前の事件の被害者野口夫妻と関わりを持つことになった希美たち。ボランティア活動をするという野口に...

「Nのために」第5話★母・早苗(山本未來)が野ばら荘に

「Nのために」第5話 感想を書きにくい展開だったなぁ・・・。 −◆− 母・早苗(山本未來)が野ばら荘にやって来ました。 島のトラウマが蘇る希美(榮倉奈々)は気配を消して会おうとしません。 自らもトラウマを持つ西崎(小出恵介)は、母と会おうとしない希美に理解を示します。 いやはや、やっぱ早苗(山本未來)の不快感は半端ないわ。 −◆− 成瀬(窪田正孝)は、罪悪感を感じ...

Nのために 第5話

「沖縄の夜新たな恋から歯車が狂い出す」 内容 2003年、N作戦を実行するため、希美(榮倉奈々)と安藤(賀来賢人)は、 野口(徳井義実)の行うボランティア活動に参加。 だが、渾身の将棋作戦も上手くいかなかったが、 そんな折、希美と安藤が、ダイビング中に溺...

Nのために (第5話・11/14) 感想

TBS系『Nのために』(公式) 第5話『沖縄の夜新たな恋から歯車が狂い出す』の感想。 なお、原作:湊かなえ『Nのために』は未読。 2003年、希美(榮倉奈々)と安藤(賀来賢人)は、野口(徳井義実)に接触するため、沖縄でボランティア活動に参加。2人は‘将棋’で野口の目を引き、その妻でダイビング初心者の奈央子(小西真奈美)が、海中でパニックになるのを救出。一気に野口の信頼を...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad