edit

魔弾の王と戦姫 #03

『甦る魔弾』
撤退したザイアンたち。

街に攻め入っていた相手は減らしたものの、
それでも三倍の差はそのまま。

ザイアンは伝統的な戦いを用い、そこに竜を配置する形で迎える。
数では負けるものの、エレンの力は圧倒的だった。
地竜が前に出てきたわけですが、
その地竜を真っ二つに。
傷つけて動けなくする程度かと思ったら、
真っ二つでビックリしました^^;

で、ティグルの馬を使った作戦にまんまと引っかかったザイアンは
自らを守るために兵を引かせた。

そうして招いた自分の危機。
ザイアンはティグルに一対一を申し出た。
相手が弓だからとなめきって。
結果敗北。
相手の動きを読んで寸分違わず盾を射抜き続け、
最後の一矢で盾を持つ腕を貫いた。

両軍が戦う中でザイアンは逃げることだけを考えた。
飛竜を殺したら自分の責任になると言って戦場に出さなかった。
その飛竜を逃げるために用いた。
空に逃げられてはエレンの力も届かないらしい。

でも、そこでティグルに呼びかける声。
竜を射ちなさい、と。
それはティグルの持つ弓だった。
その言葉に従ってティグルは矢を放つ。
矢にはエレンの剣も力を貸していた。

というわけで、敵将は倒れティグルたちは街を守ることが出来た。

さてはて、この後ティグルはどうするのでしょうかね。

ティッタが頑張ってましたねぇ。
ティグルのための手伝いでリムが必要とした縄を用意したり。
それには領民の助けも大きかった。
それだけティグルが信頼されているということでもあった。
で、エレンを連れてやってきたこともあってティグルとどういう関係なのかを聞いたりも。
自分のものだと言うエレンに対して負けません、とも。
エレンは楽しんでましたけどね^^;

ティグルヴルムド=ヴォルン:石川界人
エレオノーラ=ヴィルターリア:戸松遥
ティッタ:上坂すみれ
リムアリーシャ:井口裕香
リュドミラ=ルリエ:伊瀬茉莉也
ソフィーヤ=オベルタス:茅野愛衣
アレクサンドラ=アルシャーヴィン:小松未可子
エリザヴェータ=フォミナ:小林ゆう
ヴァレンティナ=グリンカ=エステス:原田ひとみ
ルーリック:興津和幸
マスハス=ローダント:飯島肇
バートラン:菅生隆之
ザイアン=テナルディエ:木村良平
フェリックス=アーロン=テナルディエ:松本大
ロラン:東地宏樹
ナレーション:小杉十郎太

トラックバック

TB*URL

魔弾の王と戦姫 第3話「甦る魔弾」 キャプ付感想

魔弾の王と戦姫 第3話「甦る魔弾」 感想(画像付) この弓、しゃべるぞ?(笑) さすすが伝説の黒い弓。 ティグルに撃てと話かけるとはw エレンの竜技もすさまじく、竜だって怖くないですね!     テナルディエの息子ザイアンは、予期せぬティグルたちの反撃を受け、 モルザイム平原にまで敗走した。 安堵したティグルたちだったが、エレンはさらなる追撃を進言する。 モルザイ...

魔弾の王と戦姫 第3話「甦る魔弾」

原作でいうところの第1巻残り最後にあたる、モルザイム平原での戦い。数千規模の集団戦をどう描写するのかと注目していたのですが、チェスの駒に擬態化させた両軍部隊とCG、ナレーションによる解説の多用、ときましたか・・・淡々としすぎて盛り上がりには欠けましたけど、戦闘の流れを原作未読者にもわかりやすくする方を優先した、っていうところでしょうかね。実写版映画のようなことが低予算の深夜TVアニメにできる...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.