edit

ログ・ホライズン 第2シリーズ #03

『奈落の参道』
レイドゾーンへと突入したシロエたち。

奥に進むごとに当然ながら苦戦していく。
で、用意していた物資も余裕があまりなくなっていく。
ウィリアムはシロエが用意してるという補給に対して驚いたりも。
そんなシロエはゲーム以外のことをどう考えているのかと気になったり。
デミクァスは相変わらずシロエにキレっぱなし。
シロエが突っ込みすぎるデミクァスをしっかりサポートしてるから
余計にキレることになる。
今後どう動くのやらねぇ。

そして、レイドボスとの戦い。
別のレイドゾーンのボスと一緒だったわけですが、
使わなかった攻撃を使ってきてそれによってレイドは崩されてしまう。
全滅は免れたがそれに近い状況に何度も陥り、
それでも何とか二体目のレイドボスまで倒した。

同じ人が何度も死んでる状況ですけど、
記憶とかどうなってんでしょうかね。

直継はシロエが本気で苦しんでるということを心配していましたね。
いつもはなんやかんやで抜くべきところは手を抜いているらしいけど、
それを許さない状況。
それは家を守るために。
ギルド、仲間、街。
色々と背負ってきてしまってますからね。

戦いはどうなるのか。

一方、アキバではクリスマスまであとわずかとなり盛り上がっていた。
そんな中で口伝というものの話が出る。
特技のランクで今まであったものよりも上位になるものが存在しているらしい、
とのこと。
けれど、条件だったりはわかっていない。

それまでのランクでもレイドが必須だったりしていたわけで、
レイド参加経験のないアカツキはやっぱりそこが引っかかるみたいですね。
強さを求めているアカツキは守るべき主君を見つけた中で、
どうしていくのでしょうかね。

アキバの街を見下ろす男。
言っていたことを考えると大地人だと思うけど、
何者なのかな?

次回はアカツキがメインになってくるみたいですね。
レイネシアは冒険者とのことで諦めかけてるようですが、
どうなるのやら。

シロエ:寺島拓篤
直継:前野智昭
アカツキ:加藤英美里
にゃん太:中田譲治
トウヤ:山下大輝
ミノリ:田村奈央
五十鈴:松井恵理子
ルンデルハウス:柿原徹也
てとら:藤井ゆきよ
マリエール:原由実
ヘンリエッタ:高垣彩陽
セララ:久野美咲
小竜:逢坂良太
飛燕:梶川翔平
カナミ:井上麻里奈
ソウジロウ:下野紘
ナズナ:名塚佳織
クラスティ:櫻井孝宏
リーゼ:村川梨衣
ミチタカ:後藤ヒロキ
カラシン:岡本信彦
アイザック:日野聡
アインス:西田雅一
ウィリアム=マサチューセッツ:中村悠一
ロデリック:てらそままさき
ウッドストック=W:白熊寛嗣
レイネシア:伊瀬茉莉也
リ=ガン:藤原啓治
菫星:代永翼

トラックバック

TB*URL

ログ・ホライズン 第2シリーズ 3話 感想 レイド攻略って辛いよね、シロエたちがダンジョンにガチ篭りするとは思わなかったw

- 奈落の参道 -へんな大地人が沸いてるようだけど、サンタみたいな格好して何するつもりや!? レイネシア姫、クラスティーさんにあえなくてどこか寂しそう アカツキちゃんはレイド参加して強くなっておけばよかったって後悔してそうね

ログ・ホライズン(第2シリーズ) 第3話

ログ・ホライズン(第2シリーズ) 第3話 『無法者とミスリルアイズ』 ≪あらすじ≫ 「供贄(くにえ)の黄金」にたどりつくため、<パルムの深き場所>へと潜入したシロエたち24名のレイドチーム。地下迷宮のなかで、強力なモンスターが次々と出現し、撤退を繰り返す消耗戦へと突入していた。そのころ、アキバの街で、アカツキは「口伝(くでん)」という言葉を耳にする。難易度の高いレイドを突破する...

ログ・ホライズン第2シリーズ 第3話 『奈落の参道』 フルレイド...三週間後今だ攻略中!?

これホントにクリアできるの。三週間ぶっ通しでやってもクリアできないレイドイベント。ログ・ホライズンではプレイヤーがゲーム世界に閉じ込められているのでゲームしかやることがない。逆に言えば攻略に集中出来ます。しかしオンラインゲーム本来の形としては四六時中ゲームやっているなんて不可能じゃないの。仮にニートや暇な学生や一生分稼いだ大富豪だとしても、食事・トイレ・睡眠からは逃れようがない。或いはゲーム...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.