edit

なにかのご縁 2 ゆかりくん、碧い瞳と縁を追う/野崎まど(著) 読了

なにかのご縁 2 ゆかりくん、碧い瞳と縁を追う/野崎まど(著)出会いの季節である春は縁結びで大忙し。
そんなゆかりくんとうさぎさんの前に現れたのは
海外からやってきたコンビだった。
何故か彼らの修行に付き合わされることになるゆかりくん自身も
その中で縁結びにさらに深く関わっていくこととなる。
そして、縁結びに対する考え方にもすこし変化が。

というわけで、久しぶりだったのでどんな感じだったかな?
という感じがありつつ読んでましたが、
ゆかりくんとうさぎさんの掛け合いは面白いですねぇ。
西院さんが相変わらずすごいし^^;

別れを経験する中でゆかりくんはこれからどう縁結びと
関わっていくのでしょうかね。

関連記事
なにかのご縁 ゆかりくん、白いうさぎと縁を見る/野崎まど(著)
なにかのご縁 ゆかりくん、白いうさぎと縁を見る/野崎まど(著) 読了(ネタバレ注意)
なにかのご縁 2 ゆかりくん、碧い瞳と縁を追う/野崎まど(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。
西院さんは本当に何者なんだろうね。
温度計の28度以上がわからないように塗りつぶすって、
ユーモアありすぎでしょうにw

さてはて、最初の話は放送研のカメラさん。
常にカメラを抱えて動くわけですが、細かくは書いてないけど、
本当に常に抱えてたのかね?
祭壇の準備のために色々と作業あったでしょうに。
どんだけ器用なんだろ^^;

そんなカメラさんがゆかりくんのところにやってきたのは、
できたてのカップルを茶化す企画を撮っていた時にやたらとゆかりくんが映っていたからだった。
春は大忙しで縁を結ぶためにほぼほぼストーカー行為をいろんな人に繰り返していたため、
かなり不審人物扱いされていたらしい。
西院さんにももちろん情報は入っていたけれども、
ごまかそうにも上手く言い訳が出来なくてどうしようもなくなってましたね^^;
で、そんなゆかりくんのことに目をつけたカメラさんが言ったのは、
ある人の縁を結んでほしいということだった。

ゆかりくんもうさぎさんも上手くはぐらかそうとしたものの、
うさぎさんが思わずついた嘘が実際にあったことだとわかって、
余計に面倒なことになったり。

で、最後はやっぱりそうなるわな、という展開でしたが、
まだまだ弱い兆しの二人はこれからどうなっていくのでしょうかねぇ。
ていうか、小玉さんの教授への気持ちは恋というものでなく、
憧れだったんだと思うけどねぇ^^;

二人の縁を結ぼうとしたところで、
気づけば二人の縁は結ばれていた。

というわけで、二人のライバルが登場することとなる。
フランスからやってきたローランと茶色いうさぎユリシーズ。

正直こんな結末になるとは思ってなかったので、
思わずウルッとなりましたね。

縁結びの家系とかなんとかという話でしたが、
とりあえずローランはゆかりほど縁は見えていなかった。
彼に見えるのは靄のようなもの。
紐には程遠い形。

けれど、縁結びの力で彼の身の回りに大きな変化が起こったこともあって、
縁結びに対する想いは人一倍。
いやいやなゆかりくんとは雲泥の差があったわけですが、
そんなローランにゆかりくんも次第に影響されていく。
西院さんを気に入ったことでそっちでも気が気じゃなかったりも。

ローランから無理矢理させられた勝負ですることになったのは、
土田先輩と森先輩の縁の綻びの修復。
これまたそういう結末なのか、と胸が痛くなりました。
二人のことをあまり知らないローランだから、
背中を蹴飛ばせた。
その結果として森先輩の縁に出来ていた綻びは修復されることになった。
けれど、うさぎさんが縁を切ることになる。
夢と繋がる縁を。
ゆかりくんにはまだ見ることの出来ない繋がり。
それは悪縁になりかけている縁だった。
切らなければいけなかった。
そんな状況だったのに自分には何も出来なかった。
それどころか何も見ることすら出来なかった。
そのことに悔しさをにじませるゆかりくん。

土田先輩はこれからどうなっていくんだろう。
結婚をした二人は実家に戻るそうですけど。
夢が良くも悪くも原動力になっていたでしょうに。
それが失われるというのは、そんなに簡単に割り切れないでしょうに。
二人の縁は元通りでも夢を失ったことでまた綻びが、ということになったりするのだろうか?

その後はとても優しい先生だけれども、
人気のない学科の先生。
そんな先生のための縁結び。
ローランが一生懸命あれやこれやと考え駆けまわったことで、
気持ちを繋げていけたようですね。
あの子たちがこれからも興味をもって楽しんでいってほしいですね。
先生もローランがそうやって一生懸命してくれたことが本当に嬉しそうでしたね。
ゆかりくんも少しだけ興味をもったのは、
ローランのおかげだしねぇ。

ユリシーズが最後に幸せを持っていると言ってましたが、
それはローランだけじゃなく、ローランの周りの人をも幸せにする、
ということなんでしょうね。

そして、ユリシーズとの別れ。
どうして日本までやってきたのか。
それは縁結びで繋がることの出来る人を探していたから。
そのために調べ回りゆかりたちを見つけたって本当にすごいですね。
ていうか、ゆかりくんの情報がどうやったら手に入ったのか気になる^^;

ユリシーズは自分の寿命がわずかだと知って、
縁結びのことを隠さずにいられる相手を見つけたかった。
その相手がゆかりくんだったわけですが、
最初はいやいやで、でもすこしずつ彼にゆかりくんも影響を受け、
最後はちゃんと友達になってましたね。
西院さんのことに関しては別でしょうけど^^;

靄のようにしか見えなかった縁の紐も修行とユリシーズを思う気持ちで
ゆかりくんと同レベルまで見えるように。
一時はゆかりくんにはまだ見ることの出来ない命との縁が見えもした。
そして、ユリシーズの命の縁をローランは自らの手で切った。
大切な相手との別れは辛いですね。
でも、前を向いて歩き続けるローランには本当に力をもらえるだろうなぁ。

そんなこんなでうさぎさんに切られたゆかりくんの縁は修復せず。
一つでも結んだら、という約束はあったんですが、
その間、一つも結べなかったために。
さてはて、どうなるやら^^;

なにかのご縁...

なにかのご縁...
著者:野崎まど
価格:615円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad