edit

白銀の意思 アルジェヴォルン #12

『ナンジョウ・レイカ』
ススムの姉であるレイカに何があったのか。
スズシロから話を聞かされる。

実験機のパイロットとして選ばれていた。
彼女の理想とする戦い方が出来る機体。
誰も死なない。
コアとなる機体で無人機を操作する。
脳波によって操作しているということですが、
パイロットには相当な負担を強いられている。
問題なく無人機が動いていた三機の時ですら、そうだったのに、
最終的には八機を操作することになっていた。

けれど、それは彼女の理想を追い求める中で必要な苦痛として受け入れていたみたいですね。
で、そんな中で出会ったのが警護についたサモンジ。
互いに相手を想いやっていた。

でも、事故は起こる。
お偉いさんたちの集まる中でのデモンストレーション。
それは失敗に終わった。
八機に及ぶ機体が暴走。
サモンジはお偉いさんをぶん殴って、レイカへの攻撃をさせず、
自分で止めに動いたが、レイカは自分が自分でいられるうちに、
と無人機の標的を自分に向けさせた。

最期にレイカはサモンジになにを伝えたのでしょうかね。

アルジェヴォルンとはまた違ったコンセプトで作られていた機体、
ということなのか、そのデータをアルジェヴォルンも引き継いでいて、
使っていないだけで同じことが出来たりするのでしょうかね?

レイカの話を聞いてしまったジェイミーは気まずくなってましたが、
どうするのやらねぇ。
わかりやすく顔に出てたけれども^^;

ススムはこれからどうしていくのやら。
サモンジもスズシロも迷い続けてるようではあるけど。
サモンジはイズミから注意するようにとカイエンについて言われてましたね。

次回は特別編ということらしい。
1クール目のおさらいってことみたいですね。
いるかね、それ。

ススム・トキムネ:逢坂良太
ジェイミー・ハザフォード:大西沙織
サモンジ・ウキョウ:土田大
スズシロ・サオリ:大原さやか
シルフィー・アップルトン:櫻井浩美
ロレンツ・ジュリアーノ:浜田賢二
ハンチョウ:手塚秀彰
ソラノ・アカネ:赤﨑千夏
シオノ・カオル:橋本ちなみ
リクル・ヒカル:愛美
テライ・アキノ:葉山いくみ
シーカー:松本忍
コシカワ・ショウヘイ:吉野裕行
ヤマナミ・ツバサ:小林裕介
タニタ・コウジ:山本格
オクイ・マサル:興津和幸
クツワダ・ツトム:近藤孝行
イズミ・シズマ:千葉進歩
シュライン・リヒトフォーヘン:櫻井孝宏
ジュリアス・ユーニオス:速水奨

トラックバック

TB*URL

白銀の意志 アルジェヴォルン 第12話「ナンジョウ・レイカ」

評価 ★★ 「俺があいつを殺した」→殺ってない        

白銀の意思 アルジェヴォルン 12話「 ナンジョウ・レイカ 」感想

隊長、お姉さんにデレッデレやないですか!本当に好きだったんだね、だから救えなかった過去を背負って弟に贖罪を求めたのかな

『白銀の意思 アルジェヴォルン』 第12話の感想と考察――サモンジは、レイカの理想を追っているのか?!

『白銀の意思 アルジェヴォルン』 第12話「ナンジョウ・レイカ」を観ました。<ストーリー>八年前。アランダスの新型トレイルクリーガー研究開発機関に、警備

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.