edit

水球ヤンキース #09

第9話
憧れの黒澤との再会。
けれど、彼は尚弥の憧れていた男ではなくなっていた。
カス高なんてくだらねぇ。
尚弥はそんな風に言われてしまった。

自分のしてきたことは全て無駄だったんだ、と。

その一方で千春も黒澤のもとへ。
尚弥を助けていた姿を千春も見てたんですね。
それで千春の人生も変えていた。
こんな人がいる学校の先生になりたい。
それがカス高で教師をしてた理由だったんですねぇ。

落ち込んでいた尚弥のもとに渚が。
渚の告白だったりもあったわけですが、
あの好きってのは理子の言ってる好きと同じなのかね?

で、尚弥が黒澤のおかげで変われたように、
尚弥がカス高にやってきたことで多くの人の気持ちを変えていた。
だから、今度は尚弥が黒澤の気持ちを変える番だろ、と。

しかし、その格好の真似はしなくてよかっただろ^^;

そんなこんなで尚弥は黒澤に挑戦状を叩きつけた。

想いは届いたのかなぁ?
とりあえずまぁ、黒澤が言ってたのは当然な展開だわな^^;
黒澤と尚弥では打ち込む方向が違うけどもね。
どうなるやら。

渚の好きの気持ち。
尚弥が黒澤とのことにとりあえずの決着をつけた後に聞いてましたね。
尚弥がとうもろこしが好きなことと同じ、と。
が、そんな答えを聞いた尚弥はノートの最後のページを気にした。
何が書かれていたのやら?
渚、ガッツリ見てますよね^^;
でもって、本当のことを明らかに言ってないよねぇ。

千秋が千春のことを思っていたような感じなんですかね。
憧れに近いところがあったのかな?

千秋に春が来た。
まさか涼子の方から告白するとは。
で、試合に勝つから、付き合ってくださいと千秋は応えた。
いやぁ、いいねぇ。

龍二が尚弥に自分の気持ちを話した。
そして、尚弥がどう思っているのかを聞く。
それに尚弥はわからない、と。
けど、守ってやりたいと思う。
それが好きって言うなら、好きだ。

というわけで、恋の対決はどうなるのやら?

水玉の水着ってなんだろう。
前のほうがカッコ良かったと思うよ^^;
ただまぁ、反対していた桑原先生からだから、
ありがたくもらわないとね。

ノートに書かれていたのは渚を守れるような強い男になる、ということだった。
それを大事にするってことは、そういうことですよねぇ。

次回、最終回。
水蘭との対決を前に尚弥は襲われた。
どう考えても相手は郷田。
スポーツする資格ないと思うわ、マジで。

稲葉尚弥:中島裕翔
三船龍二:山﨑賢人
北島虎雄:高木雄也
岩崎渚:大原櫻子
木村朋生:千葉雄大
千秋亮:間宮祥太朗
志村公平:中川大志
加東慎介:吉沢亮
宮口幸喜:矢本悠馬
黒澤義男:横山裕
藤崎玲:新川優愛
前畑涼子:筧美和子
柴田理子:佐野ひなこ
郷田剛:鈴木伸之
橋本環奈:橋本環奈
青山千春:大政絢
岩崎静香:池津祥子
岩崎敏夫:皆川猿時
庄司真冬:倉科カナ
桑原半蔵:北村有起哉
荒川重信:森本レオ

公式HP

#01 | #02 | #03 | #04 | #05 | #06 | #07 | #08

トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.