edit

あすなろ三三七拍子 #09 最終回

『人を応援できる人は人からも応援される』
最初はダメだろ、と思ってましたが、
徐々によくなっていったんじゃないかと思います。
途中、よくなってたのに、と思う場面もありましたけどね。
それでも、最初に比べたら楽しんで見れてたかな。

藤巻の問題に対して全員が動く。
沙耶はケイガクの二人にも声をかけたり。
そして、藤巻が先に手を出したわけではなく、
相手も怪我を負っていないこと、
発端が学ランをバカにされたことであることを荒川に伝えた。

その後、学校にはデモンストレーションで存続を呼びかけた。

藤巻はこれまでのことを学生たちに伝えた。
恥ずかしく思っていた。
けれど、周りの目が変わってきた時は嬉しかった。

そして、自分の辞任で応援団の存続を、と。

一つになってる姿がよかったですね。

最後には吹奏楽の子たちも参加。
一曲だけということだったけど、
一曲ってどういうことだったんだろ?
残ってたよね?
コンテストとは関係ない子が残ってくれたってことなんかな?

そして、野球部はケイガクに勝利した。

その後、藤巻は会社に。
応援団で得たものを会社でどう生かしていくのか、という姿も見たかったかな。

藤巻大介:柳葉敏郎
松下沙耶:剛力彩芽
保阪翔:風間俊介
葉月玲奈:高畑充希
野口健太:大内田悠平
藤巻美紀:飯富まりえ
藤巻広子:菊池桃子
荒川剛:西田敏行
原智子:森口瑶子
山下正人:ほんこん
齊藤裕一:反町隆史

公式HP

#01 | #02 | #03 | #04 | #05 | #06 | #07 | #08

トラックバック

TB*URL

伝統を守ることと革命的なことの軋轢にあすなろ三三七拍子(剛力彩芽)

う・・・はっ・・・うっ・・・はの全米オープン・テニス男子シングルで錦織圭が準優勝した影響で・・・特別編成のため総合・2014年9月16日(火) 午後10時からにドラマ10「聖女」の第4回放送は順延である。 準優勝ということは決勝で敗北したわけだが・・・四大大会に日本人が決勝進出したことがすでに史上初

【 あすなろ三三七拍子 】 第9話(最終回) 感想

お前は笑うかもしんないけどな、出向以来着用を義務付けられたこの学ラン。 最初は 「何でこんなものを」って思ったよ。 でも、だんだん愛着湧いてきて、そのうち自分の体の一部みたいに思えて。 その学ランを バカにされて。 何だか団をバカにされたような気になってね。 学ランも そうなんだけど…。 誇りかな。 応援団員としての…。 あすなろ三三七拍子 第9話  ...

あすなろ三三七拍子 最終回「人を応援できる人は人からも応援される」

なかなかに、よく奮闘した、上手にまとまった最終回だけに「その過程や、微妙な勘所を、じっくりと見たかったなぁ」と感じる、無念な短縮結果でしたね。 ネット画像から、藤巻大介(柳葉敏郎)、存続のピ~ンチになるけれど、彼を信じる面々が、真相をつきとめ、署名を募り、敵側の応援団からも、多くの嘆願が届いた結果。 晴れて、宿敵ケイガクとの試合を応援できることに コンクールがあるから少しだ...

あすなろ三三七拍子 第9話(打ち切り)★藤巻(柳葉敏郎)のデモンストレーションが熱い

あすなろ三三七拍子 第9話(最終回) 最終話も、大友良英さんのBGMとスピッツの『愛のことば -2014mix-』は良い感じやったなぁ・・・。 −◆− 藤巻(柳葉敏郎)が不祥事に巻き込まれて、応援団指導部は無期限の活動停止処分に・・・。 玲奈(高畑充希)が原先生(森口瑤子)に「原先生何とかなりませんか?」 保阪(風間俊介)「先生の力で何とかなんないっすかね?ゴリ押しとか...

あすなろ三三七拍子 第九話(最終話)

「人を応援できる人は人からも応援される」 内容 ケイガクとの対決が迫る翌檜大学野球部。 だがいまだに、チア部、吹奏楽部は、応援に参加してもらえていなかった。 大介(柳葉敏郎)は、善彦(山本涼介)に“1日だけ協力して欲しい”と懇願。 すると善彦は、大介に理解...

あすなろ三三七拍子&東京スカーレット最終回感想

■あすなろ三三七拍子最終回 熱血だった、友情だった、筋道だった。初回見た時は無茶苦茶なドラマだわ~と、もっとハチャメチャな内容だと思ったんだけど。結果、すごく真面目だったね(笑)むしろ真面目すぎて、もっとギャグにしてよ!と思ったほどです。 OBふたりの存在や、軽いノリだけど実はいい奴・風間俊介、男装スタイルが似合っていた剛力彩芽、柳葉敏郎のだんだん団長が似合っていく過程など、なかなかよか...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.