edit

M3~ソノ黒キ鋼~ #20

『愛ノ重音』
島から戻ってきたアカシたちを指揮するのは須崎となった。
そんな中で心ここにあらずなカサネ。
その理由は須崎に酔った勢いで話した。
アオシのリムに感じる違和感。
少しずつおかしな部分がある。
けれど、それを確かめるのが怖い。

それでもなんとかするために夏入のデータを調べ始めた。
そして、放棄されたはずの廃病院がまだ生きていることがわかった。
夏入は放棄された後もそこで何かをしていたのではないか。

調べに向かったカサネはそこでイマシメと遭遇することとなる。
その連絡を受けたアカシはアオシとともに助けに向かう。

カサネは夏入だけのデータが入ったサーバーを守るためにイマシメを引き付けながら逃げ続ける。
そして、アカシがなんとか間に合って助けられた。

が、その力はカサネの不安を煽るものだった。

限界を超えた共振。
それはアオシに負担をかけていた。
それがカサネが感じていたリムの違和感。
そして、本当の死が訪れかけていることだった。

カサネは止めようとするがアオシは聞かなかった。
アージェントがアオシの体のようになっていた。
目も手もアオシのものに。
アージェントを通してアオシはカサネに話しかける。

そして、とうとうその時は来てしまう。
リムの停止。
何度も呼びかけるカサネ。
そんな彼女の危機にもう一度息を吹き返しイマシメを倒した。
けれど、その火は弱くすぐに消えてしまう。

アオシとの別れ。
さてはて、今後アージェントはどうなるんだろう?

ていうか、廃病院のあの実験施設は何をしてたんだろう?
夏入は何を作ってたんだ?

鷺沼アカシ:松岡禎丞
破先エミル:日笠陽子
出羽ササメ:小岩井ことり
波戸イワト:前野智昭
霞ライカ:矢作紗友里
真木ミナシ:柿原徹也
弓月マアム:福圓美里
伊削ヘイト:村瀬歩
鷺沼アオシ:檜山修之
阿倉カサネ:前田愛
夏入:飛田展男

トラックバック

TB*URL

M3〜ソノ黒キ鋼〜 20話「愛ノ重音」感想

アオシさん無茶しやがって・・・ アージェント動かないけど、後どうすんだろ

M3~ソノ黒キ鋼~ 第二十話「愛ノ重音」

M3~ソノ黒キ鋼~の第20話を見ました。 第二十話 愛ノ重音 読島から戻ったアカシ達の指揮権は須崎に譲渡されることとなった。 無明石の秘密を解き明かしたいカサネは夏入が残した資料を探しに放棄したはずの廃病院へと向かう。 しかし、探索中にイマシメが強襲し、アカシが一足先にアージェントで救出に向かうが、その異常なまでの理論限界値を越えた共振にカサネは不安を感じずにはいられ...

もう一度会いたかった/M3〜ソノ黒キ鋼〜20話他2014/9/2感想

<記事内アンカー> M3〜ソノ黒キ鋼〜 20話「愛ノ重音」 漫画感想(「スーパーロボット大戦OG -ジ・インスペクター- Record of ATX」5巻)  艦これのサントラ購入。BGMだけ消して他のサントラ聴きながらプレー……ということが多いですが、こういうものはやっぱり入手しておきたい。と言っても、聴きながら作業するにはゲームにどっぷりハマりすぎていて、作業用には使えない...

『M3-ソノ黒キ鋼-』 第20話の感想と考察――アオシは本望だったかも知れんが・・・・・

『M3-ソノ黒キ鋼-』 第20話「愛ノ重音」を観ました。<ストーリー>読島から戻ったアカシたちの指揮権は須崎に譲渡されることとなった。無明石の秘密を解き明

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.