edit

アオハライド #07

PAGE.7
悠里に自分の気持ちを話すことを決めた双葉。
けれど、その直後に出会ったのは中学時代に最後に去っていった一人の友達だった。

周りがみんな離れていく中でその子だけはそばにいてくれた。
でも、ある日突然彼女も離れていった。
理由も何もわからないままで。

その理由をようやく知ることになった。
彼女が想いを寄せていた相手を双葉も好きだという噂。
そして、双葉がその男の子を目で追っていたところを彼女は見てしまった。
何かを言うでもなく無性に腹が立った。
自分のほうが先に好きになったのに、と。
後から考えたらそういうことじゃないのに。
でも、その時はそうするしか出来なかった。

彼女が見ていた双葉は洸のことを少しでも知りたくて、
洸と仲の良かった彼女の想い人に話を聞こうとしているところだったらしい。
だから、双葉はその時、自分には別に好きな人がいたことを話した。

相手はスッキリしたわけでしょうけど、
双葉としては何でいまなんだろう、と。

悠里なら、と思っていたけど、そんなわけがない。

というわけで、決心はゆらぎ日は過ぎていく。

秘かに思い続ければ、とも考えたが洸がそばにいるだけで
その考えはたやすく揺らぐ。

だから、大切な友達だからこそちゃんと言うべきだともう一度決心した。
さてはて、友達を失うことになるのでしょうかね。

吉岡双葉:内田真礼
馬渕洸:梶裕貴
槙田悠里:茅野愛衣
村尾修子:小松未可子
小湊亜耶:KENN
田中陽一:平川大輔

トラックバック

TB*URL

アオハライド 第7話「PAGE.7」 キャプ付感想

悠里と双葉の関係はどうなるのか… 打ち明けたら、友達でなくなるかもしれない。 苦しい選択ですね…。   洸が好きだと自覚する双葉。 一度は悠里に打ち明けようと決意するも、中学時代の 友達に偶然再会したことがきっかけで、恋と友情の両立の 難しさを思い知ることに。 それなら密かに想い続けようと思う双葉だったが、悠里と の会話はどこかぎくしゃくしてしまう。  

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.