edit

東京スカーレット~警視庁NS係 #05

『死刑囚と結婚した女』
罪を償う機会をってことだけど、
刑を粛々と受けたのは罪を償うってことだったんか?
何かイマイチすっきりしなかった。
大切な人を失って初めて気づいたのは気づいたんでしょうけど、
長い時間苦しんできた被害者遺族に対して、
最期まで嘘を知らずに幸せをもらっていたと勘違いしたまま
死んでいったらやっぱり何かおかしく感じる。

鳴滝のちょっとした言葉で変わったってことは元々気持ちが揺らいでいた、
ってことなんでしょうから、
騙していた気持ちが嘘じゃなくなっていたってことだよね?

阿藤の過去にも触れていたわけですが、
真実は明らかにしないままにするみたいですね。

次回、東京都知事が暗殺される?

鳴滝杏:水川あさみ
阿藤宗介:生瀬勝久
堀徳美:菅原大吉
荒木田満:近藤公園
出町いずみ:キムラ緑子
岩井十三:中村雅俊

公式HP

#01 | #02 | #03 | #04

トラックバック

TB*URL

東京スカーレット〜警視庁NS係 第5話

「死刑囚と結婚した女」 内容 とあるアパートで、放火事件が発生する。 先日も、門を壊されていたこともあって、住人達はある疑惑を抱く。 横井真由子(中村ゆり)が引っ越してきてから問題ばかりだと。 岩井(中村雅俊)から、NS係は真由子の身辺警護と放火の捜査...

東京スカーレット~警視庁NS係~ (第5話・8/12) 感想

TBSテレビ系『東京スカーレット~警視庁NS係~』(公式) 第5話『死刑囚と結婚した女』の感想。 死刑囚の剛史(弓削智久)と獄中結婚をした真由子(中村ゆり)の周辺で、嫌がらせや放火事件が相次いで発生。岩井(中村雅俊)の指示で、NS係は真由子の警護と放火の捜査をすることになる。真由子は10代のころに覚せい剤使用の前歴があり、彼女を更生させたのは5年前に亡くなった刑事・岡林(...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.