edit

ソードアート・オンライン 12 アリシゼーション・ライジング/川原礫(著) 読了

ソードアート・オンライン 12 アリシゼーション・ライジング/川原礫(著)立ち塞がる整合騎士を打ち倒し、
目指すは頂上のアドミニストレータ。

カーディナルから聞かされた世界のこれから。
このままではどうなってしまうのか。
それを防ぐためにどうすべきなのか。
カーディナルがアドミニストレーター倒し、
権限を奪い返した後にどうするのか。

それを聞いてもキリトは諦めずに第三の道を
探しながら前に進む。
アリスを救うためとアドミニストレータを倒すための
手段を授かり迷いながらも前に。

こんなところで終わるのか、
という感じで。
13巻と14巻も一気に読んでしまおうかなぁ。

関連記事
ソードアート・オンライン 9 アリシゼーション・ビギニング/川原礫(著)
ソードアート・オンライン 9 アリシゼーション・ビギニング/川原礫(著) 読了(ネタバレ注意)
ソードアート・オンライン 10 アリシゼーション・ランニング/川原礫(著)
ソードアート・オンライン 10 アリシゼーション・ランニング/川原礫(著) 読了(ネタバレ注意)
ソードアート・オンライン 11 アリシゼーション・ターニング/川原礫(著)
ソードアート・オンライン 11 アリシゼーション・ターニング/川原礫(著) 読了(ネタバレ注意)
ソードアート・オンライン 12 アリシゼーション・ライジング/川原礫(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。
表紙の双子っぽい子たちは双子というわけでなく、
整合騎士だったんか、とビックリです。
ただまぁ、他の整合騎士とは違って神器やらは持っておらず、
かなりの特例らしい。

そんな二人にまんまとはめられることになるわけですが、
その前に弓の使い手デュソルバートとの戦い。

キリトが敵の攻撃を防いで、ユージオが決めるという戦いがその後にも続いていくわけですが、
死んだとしても現実世界で目を覚ますだけだと考えての無謀な行い。
現実の体をキリトは知らないわけで、本当に目を覚ますのかわからんのにね。
もしかしたら、アンダーワールドでの死は現実の死に繋がるやもしれんのに。
どうなるのやら。

そして、戦いの中で知った相手の名前にユージオが怒りを剣に乗せて戦おうとした。
けれど、キリトがそれを止めた。
アリスを連れて行ったことを覚えていないだろう、と。
そして、彼らは彼らで思い悩んでいるのだと。
敗れたデュソルバートはこれからどうするのでしょうかね。

彼から次に待ち受ける整合騎士について少し聞いた二人でしたが、
その道中で二人の少女に襲われることになる。
修道女だと思っていたが、そうじゃなかった。
キリトは直感と武器の知識でなんとか対策をしていて、
欺けたようですが、対策をして50階に乗り込むつもりが真正面からの戦いとなることに。

相手は副騎士長のファナティオと彼女が指導していた4人の整合騎士。
4人の連携に対してキリトはすぐに対応したが、
ファナティオ相手にはデュソルバート以上の苦戦を経験することに。

ただ、彼女が女性であることを隠して戦っていた。
けれど、キリトにとってそれはあまり関係なかったらしい。
全力の戦いの中でユージオの協力もあってキリトはなんとか勝つことが出来た。

でも、ファナティオはあと僅かで天命がつきてしまう。
それをキリトは放っておくことが出来なかった。
治療術もほとんど意味をなさない。
それでも何とかしたい、助けたい。
そのための方法をキリトは見つけた。
カーディナルから預かったアドミニストレータへの対抗手段。
それを使えばカーディナルの力を借りることが出来る。

キリトのそんな姿にユージオも動揺する。
それでもキリトは彼女助けるために力を使った。
自分は死んでも、とユージオがその後頭から離れなくなる言葉を言って。

カーディナルの助けもあってファナティオはなんとかなりそうな感じ。

その後、昇降機でさらに上階へ。
昇降機を操る女性は印象的でしたね。
ほんのわずかな時間のやりとりなのに印象に残る女性だったねぇ。

そして、待ち受けていたのはアリス。
金木犀の剣の圧倒的な力が二人を襲う。
が、決着はつかなかった。

ユージオが動きを止めてカーディナルの剣を使おうとしたが、
氷を金木犀が消し去る。
けど、キリトはその時を狙っていたみたいですね。
黒剣の力を金木犀の剣とぶつけた。
その衝撃が外壁を襲って穴を開け、
二人はカセドラルの外へと投げ出されてしまう。

さてはて、二人はどうなったのでしょうかね。
で、残されたユージオはどうなるんだろう?

キリトがユージオと相対する時が来るかもしれないと予感を持ってましたけど、
それはユージオもそうだったんですね。
どういう形で二人は相対することになるんだろう。

しかし、満身創痍な状況が何度も続いてますが、
頂上に辿り着けるのかね?^^;

観測者はカーディナルの観測者だったんですね。
シャーロットという彼女の姿は蜘蛛だったらしい。
紹介された後は図書室の中に消えていったようですが、
もうついてこないのかな?

カーディナルはアドミニストレータを消し去ったら、
世界を消そうと考えている。
ダークテリトリーからの侵略を前にそうする方がいいとの判断。
いくら整合騎士の力があろうとも相手の物量に対しては、
それだけでは人界の最期は見えてしまう。
だから、消し去ろうと考えている。
協力してもらえるのなら、10人程度なら助けることが出来る、と。
ただ、それをどう選ぶか。
キリトはその中に世界を消すために残らなければいけないカーディナルも含めたい。
だから、世界を消す以外の方法をキリトは戦いながら探そうとしているわけですが、
どんな方法を見つけるのでしょうかね。

現実世界からダークテリトリーの存在を消し去る、みたいなことかね?
それは何か違うか。

さてはて、13巻ではどうなるのやらねぇ。
落下したキリトとアリスはどうなったんだろう?

12巻は現実世界の話が一切なかったけど、どうなったんでしょうかね。

ソードアート・オンラ...

ソードアート・オンラ...
著者:川原礫
価格:637円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.