edit

妖狐×僕SS 11巻

妖狐×僕SS(11)/藤原ここあ(著)妖狐×僕SS(11)/藤原ここあ(著) 特典月刊ガンガンJOKERにて連載されていた
藤原ここあさんの「妖狐×僕SS」第11巻。
2009年から連載が始まり、2012年にアニメ化がされたこの作品もこれにて完結です。

当初3月に発売が予定されていましたが、
今日まで延期されました。
延期理由はよく知りませんが、その代わりに特典を頑張ると書かれていたので、
てっきりいつものペラペラな紙じゃないと思ってたんですけどね。
中におまけとして掲載されるものかと。
ちょっとガッカリしたかな。
今回はイラストではなく後日談の漫画ですし、
出来れば色々と読みたかった。
これまでと違って巻末やカバーをめくったところのおまけ漫画の類が
一切なかったというのもありますしね。

しかし、二冊に分けてもおかしくない厚みでびっくりした。
買う方としては安くすむからいいですけどね。
二冊に分けておまけ漫画を収録してくれてた方が嬉しかったかもしれないですが。

そんなこんなで本編ですが、いい終わり方でした。
ただ、間が空いたことでいまいち盛り上がってこなかった。
また一から読み直したいと思います。

百鬼夜行の裏に隠された想い。
そして、ほんの気まぐれが導いた新たな未来。

渡狸が男を見せてましたね。
強くなったんじゃなくて、最初から持っていたもの。
渡狸の優しさは誰にも負けない強さですね。

全国の先祖返りの助けも借り、蜻蛉の作戦は上手くいった。
命の死。
そして、そうなってから思紋がようやく知った命の想い。
後を追うようにして亡くなったらしい。
凛々蝶たちのように来世で笑顔になってるといいのですが。

思紋の護衛だったクロエは蜻蛉がお気に入りに。
クロエに対してムスッとするカルタが可愛かったですねw
渡狸としては気が気じゃないでしょうけど^^;

野ばらにプロポーズした反ノ塚にキュンとした。
野ばらじゃなく反ノ塚に。
いやまぁ、野ばらの反応も可愛かったですけどね。
二人は幸せになってほしいですねぇ。
しかし、戦いの前に悟りを開くとはすごいな^^;
あんな扱いされたらそりゃそうなのかねw
反ノ塚が言うように意外とコロッと結ばれそうですよね。
今ですら大きく揺れてんもんなぁ。

凛々蝶と双熾は恋人同士に。
犬であることよりも恥ずかしい恋人。
どういうことねw
なかなかに癖?を治すのは時間がかかりそうですが、
双熾も幸せそうでしたね。

そんな二人や自分たちの来世を見た残夏。
ifの世界の彼らは消えたわけじゃない。
そして、幸せそうな笑顔で彼らは彼らの今を歩く。

しかし、この二人の子供って一体どんな子になるんだろう?
すげぇ面倒そうな気がするんだけど^^;

何はともあれ、色々なことがありましたが、
最後にはみんなが笑顔で本当によかった。

関連記事
妖狐×僕SS 6巻
妖狐×僕SS 7巻
妖狐×僕SS 8巻
妖狐×僕SS 9巻
妖狐×僕SS 10巻


妖狐×僕SS...

妖狐×僕SS...
著者:藤原ここあ
価格:504円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad