edit

M3~ソノ黒キ鋼~ #14

『思ヒ残シノオト』
これまでほとんどスポットの当たらなかったマアムの話。
ここのところ、パッとしなかったけど、今回の話はよかった。

ムクロを倒したことによって無明領域は広がり、
日本各地に金属結晶が現れるようになった。

政府から夏入中心の活動から方向転換させられそうになったが、
夏入は今まで通りに研究できるように政府を脅した。

その中で自分たちの繋がりを知ることになったイワトたち。
無明領域からの生還者。
けれど、その前後の記憶を彼らは持たない。
その中でマアムは自分の書いていた小説で書いた記憶のないものがあることを思い出す。

ムクロを倒したアカシだったが、その後の生死は不明なんだそうな。
死んだ、ということになってるらしいけど、見つかってないみたいですね。
その一方でセーヴルは連れ帰られた。
ただ、ヘイトは搭乗出来る状態になく、夏入はマアムを次のパイロットに指名した。
それをマアムは自らの意思で受け入れた。

が、繋がる前から恐れたマアムはあえなく撃沈。
その後、ライカとともに自分の小説を読みなおした。
そこに書かれていたのは自分をモデルとした話。
いつも一人でいる自分の話。

けれど、彼女は少しずつ思い出す。
一人ではなかったことを。
自分と同じ一面を持つ人がいたことを。
自分の物語を少しでも幸せなものへと変えようとしてくれた人がいたことを。

マアムはエミルともう一度向き合った。
恐れても、目を背けず前を見続けた。
そして、エミルの本当の気持ちを理解した。

二人は共振しセーヴルは動き出す。
ヘイトのように無理矢理使われるのではなく、
互いに相手に寄り添って。

一方でイワトとライカも少しずつ気持ちが近づいているようですが、
どちらにもシバガネ化は進んでいない、ということでいいのかね?
夏入は期待してるようですけど。

次回はマアムとミナシで無明領域に入るのかな?

鷺沼アカシ:松岡禎丞
破先エミル:日笠陽子
出羽ササメ:小岩井ことり
波戸イワト:前野智昭
霞ライカ:矢作紗友里
真木ミナシ:柿原徹也
弓月マアム:福圓美里
伊削ヘイト:村瀬歩
鷺沼アオシ:檜山修之
阿倉カサネ:前田愛
夏入:飛田展男

トラックバック

TB*URL

幸せのために/M3〜ソノ黒キ鋼〜14話他2014/7/22感想

<記事内アンカー> M3〜ソノ黒キ鋼〜 14話「思ヒ残シノオト」 漫画感想(「実は私は」6,7巻) 漫画感想(「僕らはみんな河合荘」5巻)  艦これ、後回しにするつもりだった矢矧&浦風を改まで育成すべく彼女達+艦攻ガン積み軽空母+水上爆撃機ガン積み航巡+雷巡+潜水艦編成で3-2-1をやってみるも、これが恐ろしく回転が早い。ながら作業が基本の艦これなのに、他の事してられないほど...

M3~ソノ黒キ鋼~ 第十四話「思ヒ残シノオト」

M3~ソノ黒キ鋼~の第14話を見ました。 第十四話 思ヒ残シノオト ――躯は倒された。死神に抱かれた少年の手で。だが、躯の流した返り血が広がるように明かり無き場所は再び帯同し、その領分を広げようとしていた。闇と霧に包まれた世界にこそ真実の平穏があるのだ。そう呟きながら 無明領域から飛び散った金属粒子によって鎌倉や厚木など関東で被害が発生している中、セーブルの修理が完了し...

『M3-ソノ黒キ鋼-』 第14話の感想と考察――セーブルのパイロットに、マアムが抜擢!

『M3-ソノ黒キ鋼-』 第14話「思ヒ残シノオト」を観ました。<ストーリー>アージェントにより躯は倒されたかに見えた。しかし、躯から発生した微粒子により拡

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.