edit

ソードアート・オンライン 9 アリシゼーション・ビギニング/川原礫(著) 読了

ソードアート・オンライン 9 アリシゼーション・ビギニング/川原礫(著)プロローグが長い、長い^^;
どういうことよ?って感じがしばらく続くので、
若干萎えそうになりましたが、
和人たちが出てきて、どういうことかわかってくると
少し盛り返し、ただ説明ばかりでまた萎えて、
そうかと思ったら嘘やん、って感じで、
そのまま仮想世界の話に。
一体どうなるのでしょうかね、このシリーズは。
という気持ちが続きをって感じでえらく読むのが早くなってた気がします。

関連記事
ソードアート・オンライン 8 アーリー・アンド・レイト/川原礫(著)
ソードアート・オンライン 8 アーリー・アンド・レイト/川原礫(著) 読了(ネタバレ注意)
ソードアート・オンライン 9 アリシゼーション・ビギニング/川原礫(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。
というわけで、本当にプロローグが長かった。
で、それがどういうことなのかは和人目線のプロローグで語られたわけですが、
どうしてそんなのに参加出来るのか気が知れん、という感じだったなぁ。
紹介してきた菊岡を怪しむ気持ちもあり、
ベンチャー企業もまた実態の掴めない存在。
そんなところに全てを預けるようなもんだったわけでしょ。
気付かない間に記憶をいじられてもわからないわけだし。
それを受け入れられるというのが信じられんかった。
ブロックしたところで少しのきっかけで記憶が少しずつ漏れでてもいましたしね。
すべてを解明しきれていない、ということなんでしょうけど。
それが意図したものかもしれないし、どうなんでしょうかね。

茅場が見た未来に繋がるものでもあるかもしれない、
ということで、それに触れてみたかった、触れる責任みたいなものがあったのでしょうけど。
にしたって、というねぇ。

で、アスナに話した自分の将来。
和人が見ていた将来のメインとなるインターフェイスは「アクセル・ワールド」の
端末ってことなんかな?

そして、自分と一緒にアメリカについてきてほしいと頼んだ矢先の事件。
ラフィン・コフィンは本当にどこまでもついてくるのな。
死銃事件で唯一逃げていた最後の一人が和人たちの前に。
ていうか、追っていた警察やらは何をしてたわけ?
死銃事件がSAOに繋がることを知ってるわけでしょ?
でもって、GGO内で相対した死銃、ザザがキリトへ並々ならぬ恨みを抱いているのも
知ってんじゃないの?
ってことは、キリトの周りを守るというか見張るようなことはしなかったのかね。
菊岡はこうなることもわかってたんじゃないのかと思えてならんのだけどねぇ。
そのまま仮想世界で目覚めた、ってのもあるし。

というわけで、ジョニー・ブラックの薬物で心停止した和人。
彼が目を覚ましたのはバイトで参加していたSTFによる仮想世界だった。
ただ、バイトの最中は記憶をブロックをされていたため、
最初はそこがどこかわからなかった。
けれど、仮説を立てていき少しずつ世界を知っていく。

ジョニー・ブラックに対しての和人がしたことは持っていた傘で足を刺すこと。
殺さない場所で、ということでの選択なんでしょうけど、
アスナがいなければ違ってたんでしょうね、きっと。
アスナがいたから自分がどうにかなったとして追いかけさせないために足を狙った、
ということなんだろうねぇ。

で、和人は一体どうなったんだろう。
そのまま仮想世界での生活が始まってしまったわけですけど、
これは一体何が始まるんだろう。

自分の記憶がなかった頃の友人と再会したキリト。
ただ、どちらにもその時の記憶はない。
続く世界なのに、その記憶がないのは何の意味があってそうしたんでしょうかね。
でも、実際のところはないわけではないみたいですね。
キリトが現実世界でブロックされているように、
ユージオも記憶をブロックされていた、ということなのかな。

そして、六年前に央都に連れていかれたアリスはキリトを覚えてるみたいですね。
彼女は和人とは別の場所でテストをしているプレイヤー、という可能性が大きいようですが、
どういう状況にあるのでしょうかね。

強くてニューゲーム。
という今までのキリトでしたが、
今回はほぼ1からのスタート。
ただ、SAOで慣れ親しんだソードスキルがそこには存在した。
システムによるアシストと加速。
SAOとアンダーワールドの繋がりは一体何なのか。
茅場がきっかけで動き出していたことだったんでしょうかね。

現実同様の痛み。
STLが目指そうとしていることは何なのでしょうかね。

そして、世界での死がキリトに何をもたらすのか。
現実世界での和人の体が止まろうとしている今何が起こってしまうのか。
精神が何とか生きている状況、ってことなんだと思うけど。
この世界での死が訪れてしまえば、現実世界での死になってしまうのでしょうかね。

でも、何でこういう状況になったのか。
続きが気になりますね。

ソードアート・オンラ...

ソードアート・オンラ...
著者:川原礫
価格:702円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad