edit

役者魂! 第7回 感想

『本能寺vs.できちゃった結婚』
リア王の出演者オーディションをすることに。
受講料をもらって。
宣伝して。
結局いくら取ったんだろう?w
瞳美はそんなこと。と辞めさせようとしていたが、ボーナスの言葉に即OKw

護の知らないところで結婚話が進んでた。
里奈はリア王を寿引退公演にするつもりらしい。

護は意を決して里奈に結婚するつもりはないと断った。

が!

本当の私を知らないのね。

逆に里奈の心に火をつけてしまった。
瞳が燃える前の里奈の笑顔怖かったよぉ(´;ω;`)ウッ…

そんなことを瞳美に話す護。
瞳美さんの彼は桜子と忠ですもんね。
だから、3番目でもいいから。。。
おいおいおいw
そんなにイヤなんですかw
初めは惚れてたくせにぃw

さて、先生は自分の3人の娘に会いに行くことに。
桜子と忠太の面倒をみてほしいと頼むために。

長女。

見放す。
隠し子なんて旦那に言えるわけがないでしょ。

先生と2人で話してる時瞳美たちは庭に出る。

そこで長女の娘さんと話をする。
ここなら住んでもいいよ。と忠と桜子。

お金を渡しておけば愛情を注いでると勘違いしてる。
と、自分の家を嫌がる娘さん。
お金持ちが必ずしも幸せとは限らない。

娘さんが読んでいた本に気付く。

ロミオとジュリエット。

そこで瞳美の妄想開始。

塾に行ってるふりをして小さな劇団で芝居をしている。
のちに宝塚歌劇団のトップスターになる。

ムチャクチャなw
けどまぁ、ありえなくはないのかなぁ?
先生の孫だし^^;

そして、次女の家へ。
次女のタワーのようなマンションを見上げる忠太。
こけるw
高速エレベーターで頂上へ。
忠太、吐き気をもよおすw
頂上につく。
忠太グッタリw

忠太死ぬなぁw

で、次女も一緒に住むことを断る。
自分と同じような子にしたくないから自分は子供を産まない。
自分が嫌いだと。

自分と同じような子にしたくないって。
それは自分次第じゃないの?ってすごい思った。
確かに先生は子供の面倒を見なかったのかもしれないけど。
そうしたくないなら、自分がそうしなければそうならないと思いますよ。

次女からは三女の話を聞く。
結婚すると言う。
結婚のことを初めて聞いた先生。
次女はさらに。
それにあの子は。。。
みたいに言ってましたよね。

それ聞いて、お父さんはいない。みたいなこと言っちゃってるのかなぁ?って思ったら当たってました^^;

さて、里奈に火をつけた後、護と瞳美は社長に呼ばれる。
社長がどうするんだよ。と言ったので護はすぐに土下座して謝る。
てっきり結婚のことがばれたもんだと。
けど違った。
演出家をどうするのか。
という話だった。

話をした後一度事務所を出て行ったのに戻ってくる社長。
何かしつこいw
もしかして、自分が演出家したいんじゃないの?
というのは、誰でもわかりますねw

そして、瞳美は再び社長に呼ばれる。
演出家のことで。
明らかに自分がしたそうに言う。

一度帰ろうとした瞳美と一緒にいた斉藤マネージャー。

したいんじゃない?

ということで、2人で一度お願いに行く。

が、社長断る。

帰ろうとする。
違ったのか。
上を見上げると社長が。
やりたいんだよぉ!って感じで断ったことは嘘なんだ。
ってことで、首を振っていた。

やっぱりやりたかったのね^^;
素直に言えばいいのにw

そして、顔合わせ。

衣装は護がアントーニオに頼んでいた。
で、社長の秘書。
合格したの?w
脇ビショビショでオーディション受けてましたけど^^;

さて、瞳美はリア王の話とキャストの紹介を聞く。

それは今の先生と同じだった。

3人の娘がいて愛されてると思っていたが違った。
長女と次女は見放す。
が、三女には愛されてる。

それを聞いて三女と会おうと先生に言う。

三女と会う。
三女は出来ちゃった結婚だった。

サブタイトル見たとき意味わからなかったんですけどこういうことだったんですね^^;
結婚=里奈と護しか思い浮かばなかったんでわけわからなかったんですよね^^;

三女もリア王とは違い先生と一緒に住むことを断った。
そして、お父さんはいないと言ってあるから結婚式にも出ないように言われる。

三女が帰った後先生が瞳美に言う。

台本は読んだか?
最後は三女にも見放される。

台本は半分、原作は3ページの瞳美じゃわからなかったわけだ^^;

瞳美はなかなか寝れなかった。
すると、忠が瞳美のとこへ。
お姉ちゃんが読んでると。
ベランダに出た3人。

桜子初の妄想。

近くのアパートのお花に水をあげるおじさん。
おじさんは散歩に行くと、枯れた花を見つけ家に持ち帰る。
そして、自分の花壇に埋めてあげる。
すると、枯れた花は綺麗な花を咲かせる。
仲間達のおかげで。

そんな桜子の妄想に瞳美が。
ちょっと違うんだよなぁ。本当はね。と付け足す。

仲間達と根っこが繋がって栄養をわけてもらうから元気になるんだよ。と。

その話を聞いて
私たちは瞳美に栄養を貰って元気になった。
だから、今度は私たちがパパを元気にしてあげなくちゃ。

というわけで、翌日先生が寝てる間に先生の家に入る。
朝ごはんを作っている音に気付き起きてきた先生と一緒に食べる。

誰も住む人がいないなら私が住みます。

独りぼっちみたいな顔しないでくださいよ。
瞳美が先生に言う。

憧れていた家族を経験する瞳美。
が、3日ともたず^^;
ありゃま?
どうしてだ?

空いた瞳美の部屋は里奈と護のデート場所として使用中。
レンタル代は頂いてるらしい^^;
どんな商売してんですか(;´Д`)ノ

社長を演出家にしたことは裏目に^^;
リア王どうなんでしょうね?^^;

今回のエンディングは瞳美、桜子、忠の3人。
風船持ってしりとり。
楽しそうですねぇ♪
と思ったら、
風船割れたら先生出てきたぁwww

次回。
里奈がぁw
台本食ってたぁ(;´Д`)ノ

で、瞳美が誕生日なければ。
って、どういうことだぁ?

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

キャスト

☆烏山瞳美…松たか子

☆相川護…森山未來   ☆梓里奈…加藤ローサ

☆福田桜子…川島海荷  ☆福田忠太…吉川史樹

☆斉藤和子…濱田マリ  ☆アントーニオ…富岡晃一郎
☆山崎紀夫…前川泰之  ☆柳沢光春…香川照之

☆本能寺海造…藤田まこと

公式HP

第1回感想 | 第2回感想 | 第3回感想 | 第4回感想 | 第5回感想
第6回感想

トラックバック

TB*URL

役者魂! 第7話 リア王とロミジュリのその後

内容護のアイデアでリア王の『有料』オーディションが始まる。そして、演出が社長と決まっていく。一方、桜子と忠太のことで本能寺は、3人の娘の誰かと一緒に暮らしてもらおうとする。だが。。。今回は、かなり練り込まれていますね。途中の瞳美の『心のセリフ』がすべて..

《役者魂!》 #07

まるで、”リヤ王”を地で行くような海造と娘たちだった。それを知った瞳美は三番目の娘に期待した。巧くすれば、桜子と忠太の面倒を見てくれると。上二人にはけんもほろろに追い返されて、末娘には、勝手に結婚を決められて、すっかり頭にきた

役者魂! 第七回 『本能寺vsできちゃった結婚』

もう役者個人を楽しむって感じになちゃってるかな、私的には。兼ね、お松さんと香川さん(笑)今回はリア王になぞらえたお話。ちなみにリア王とは、シェイクスピア作の悲劇で、四大悲劇の1つ。なんとも言いがたい作品で、リア王が判断を間違ったのが原因って感...

カマキリ→●●→ヒトリ(役者魂!#7)

『役者魂!』視聴率も一桁で定着w お松さんもいい意味で吹っ切れてきたみたい プー!(*≧m≦)=3オーディションに反対しといて、成功したらボーナスが出ると聞いて「やりましょう」と瞳美、即答(爆)友情出演のぬっくん(温水洋一)は、シェークスピアというより時代

役者魂! 第7話:本能寺VSできちゃった結婚

えっ( ̄ω ̄;)!!3日と持たなかった?何で???瞳共々、桜子&忠が先生の自宅で暮らす。これが一番いい方法だと思ってたのに{/ase/}子供たちを自宅に引き取って、娘に面倒をみさせる。←いやぁ~、普通に考えてもこれって相当自分勝手ですよね{/face_ase2/}本能寺の3人の

『役者魂!』 第7回 「本能寺vsできちゃった結婚」 メモ

今回はリア王・・・をまねた家族の話がメイン・・・なのかな?

役者魂!(11月28日)

3人の娘とまったく家族の体をなしていなかった本能寺。「リア王」へのオマージュです。シェークスピアに徹底していますね、好きです、こういう脚本。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad