edit

悪魔のリドル #12 最終回

『故に、世界は□□に満ちている』
なんじゃこれな終わり方にビックリ。

自分の意志で晴を守った。
それを証明するためには晴を殺さなければいけない。
ということで、自分に扮した鳰との戦い。
それに勝利し、兎角は晴に刃を突き刺した。

兎角が勝者に決まった。
けれど、彼女の望みは叶うことはない。

ということでしたが、全員生きてんのかよ。
しょうもない終わり方にしたもんだなぁ、と。
もともとそんなに楽しめてなかったけど、
この終わり方はない。

東兎角:諏訪彩花
一ノ瀬晴:金元寿子
走り鳰:南條愛乃
犬飼伊介:浅倉杏美
寒河江春紀:内村史子
桐ヶ谷柩:内田愛美
生田目千足:三澤紗千香
番馬真昼・真夜:大坪由佳
英純恋子:荒川美穂
神長香子:佳村はるか
首藤涼:安済知佳
武智乙哉:沼倉愛美
剣持しえな:山田悠希
溝呂木先生:櫻井孝宏
カイバ先生:杉田智和

トラックバック

TB*URL

走り 鳰の正体は『西の葛葉』!! 悪魔のリドル 第12話(最終回)「故に、世界は□□に満ちている」感想

ミョウジョウ学園地下墓地。 兎角から予告票を受け取った晴は信頼していた兎角の突然の裏切りに愕然としながらも、日本刀を振るい晴に襲い掛かる眼差しに躊躇いが微塵もない事を悟る。 そして、兎角が晴を殺そうと思い至ったのか動機を問う晴に対し、兎角は晴を殺す事以外に“証明”する方法が考えつかなかったのだと答える。 武器も持たない一般人である晴には本気で殺そうとする兎角に抗...

悪魔のリドル 第十二問「故に、世界は□□に満ちている」 感想

兎角から突き付けられた予告票をみて、愕然とする晴。まるで揺るぎもしない兎角。晴の手が震え始め、ぐしゃりと予告票を半ば握り潰すようにしながら、泣きそうに叫ぶ晴。攻撃を避けながら逃げまどう中、背後の靄の中から伸びてきた手が、晴の手をぐっと掴んだ……。 脚本:吉村清子 / 絵コンテ:水島精二 / 演出:小坂春女 / 作画監督:徳永さやか、嵩本 樹 殺して生きるか生かして死ぬかそ...

悪魔のリドル感想 人はサイコロと同じで、自らを人生の中へと投げ込む。「故に、世界は□□に満ちている」

「晴はみんなと勉強して、友達になって、仲良くなって、人生エンジョイするのです。そして必ず、卒業して見せます」 「それがお前の望みなのか」 はい、『悪魔のリドル」の最終話が完璧だったので、久方ぶりにブログ更新しようと思い立ったが吉日、言葉が流れ出るままに書き綴っていきたいと思いますはまじです。完璧ですよ喝采喝采。 で、何から語ったものかと考えますと、なにより僕が『悪魔のリドル...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad