edit

一週間フレンズ。 #10

『友達とトモダチ。』
少しずつ積み重ねていったものが、全てリセットされてしまった。
祐樹は前のようにもう一度友達になってほしいと声をかけた。
けれど、それは祐樹にとって辛いものとなる。

ただ、あそこで逃げちゃいかんと思うなぁ。
香織にとっても大切な思い出であり、それをそうだとすら思えない状況なわけだし。
本当に辛いのは香織なんだからねぇ。
まぁ、香織のそういうところを思ってということなんだろうと思いたいけど。

抜け駆け。

クレープを一緒に食べる約束をした日。
祐樹は掃除で遅れてしまった。
そして、九条と香織が出会うことに。
そこには小学生の頃の別の友達の姿も。

九条はさすがに違和感を覚え香織に聞くが、
それは一緒にいた女の子たちが戻ってきて話を終えてしまう。
そんな彼女たちが言った言葉。
付き合ってたんでしょ?
抜け駆けしてもいいと思ってたけど。

そんな彼女たちの言葉とは裏腹に香織の中で響く声は、
香織を責めるものだった。

九条は事故のことすら知らなかったみたいですね。
で、逃げていく香織。
そこに祐樹がやってきて、九条に事情を話すことを決めた。
香織が自分で伝えるべきだと思ったけれど、と。
それを九条は信じようとしなかった。
お前らのしてることはおままごとだ、と。
けど、祐樹はそんな言葉に揺らがなかった。

さてはて、どうなるのやら?

一方、沙希が将吾にプロポーズしてたように聞こえたのだがw
将吾が恥ずかしさから逃げていくのがいいね。
祐樹や香織の前とは違って沙希にはどうにも調子の崩れてしまう将吾が
また魅力的でしたねぇ。

そんな大胆なことをした沙希が二人のためにと香織に声をかけるが、
沙希の言葉は今までのようには上手く届いてくれない。
どうするのでしょうかね。

長谷祐樹:山谷祥生
藤宮香織:雨宮天
桐生将吾:細谷佳正
山岸沙希:大久保瑠美
藤宮志穂:中原麻衣
井上潤:間島淳司
九条一:浅沼晋太郎

トラックバック

TB*URL

一週間フレンズ 第10話「友達とトモダチ。」

第10話「友達とトモダチ。」 JUGEMテーマ:漫画/アニメ

一週間フレンズ。 第10話「友達とトモダチ。」  キャプ付感想

再び記憶リセットで長谷を忘れてしまった香織。 冷たい目で見る香織の表情にゾクゾクしますね(^^; 長谷がドMでなくて良かった(笑)   転校生・九条一の「裏切り者」という言葉で、香織は突然気を失う。 目覚めると、祐樹のことを完全に忘れてしまっていた。 積み重ねてきたものがなくなり、祐樹は戸惑う。   

一週間フレンズ。 第10話「友達とトモダチ。」

祐樹、ふんばりどころだ! 今が一番きついところでしょうね。 日記が物を言って、屋上で会うタイムはいつもどおりでヨカッタ。 それにしても、九条は悪役まっしぐらですね。 共感全く出来ないんだけど、お話上こういう子って不可欠のような。 どうしても暗いトーンになってしまう展開で、一服の清涼剤となったのが将吾と沙希ちゃん。 ふたりともういうい~(≧▽≦) 沙希ちゃん完全に告白ですぜ!...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.