edit

M3~ソノ黒キ鋼~ #07

『孤独ノ采配』
アージェントをベースにした二号機・セーブル。
その搭乗者として選ばれたのはヘイト。

それを上手く導くために夏入はアカシをカサネと偽って呼び出し、
ヘイトにはエミルについての書き置きで呼び出した。
アカシはアージェントの秘密を、ということだったらしい。

そんな二人はぶつかり合うこととなるわけですが、
ヘイトに自分のことを言い当てられて逆ギレって感じになってましたね。
直前にササメを泣かせたこともありますし、
エミルのこともそうだし。
思い当たることはそれだけでもないのかな?
ただまぁ、ヘイトがどうこう言うのはおかしいと思うが。

その二人が辿り着いた場所に置かれていたのはセーブルだった。

ヘイトは受け入れられる。
けれど、重要なL.I.Mというシステムが起動していなかった。
それでもヘイトはセーブルを動かしアカシを追い詰めていく。
追い詰められ逃げ場をなくしたアカシ。
そこでようやくL.I.Mが起動。

アカシを触媒にすることでシステムが動きセーブルが本当の意味で動き出す。
そして、それはアカシを守るためにヘイトと繋がった。

三人の関係性とかヘイトの感じたことだったり、アカシが呼ばれた気がしたことも。
エミルがシステムに組み込まれてるということなんでしょうね。
ペアが出来てる組み合わせは、今後どちらかが同じようなことになるってことなのか?

で、アカシがアージェントに感じたことと、
それについてのカサネの反応はつまりアカシのお兄さんがってことだろうけど。
どういうシステムなのやら?

ムクロと一緒にいた少女はササメとは違う、ってことでしょうけど、
ミナシはササメになんとつぶやいたんだろう?

鷺沼アカシ:松岡禎丞
破先エミル:日笠陽子
出羽ササメ:小岩井ことり
波戸イワト:前野智昭
霞ライカ:矢作紗友里
真木ミナシ:柿原徹也
弓月マアム:福圓美里
伊削ヘイト:村瀬歩
鷺沼アオシ:檜山修之
阿倉カサネ:前田愛
夏入:飛田展男

トラックバック

TB*URL

M3~ソノ黒キ鋼~ 第7話「孤独ノ采配」 キャプ付感想

アージェントのLIMの正体は、死んだ人間のようですね…。 アージェントをベースに設計された試作2号機・セーブル。 ヘイトが乗りアカシを襲うとした時にLIMが起動。 死んだ後まで、ヘイトに使われ、アカシを思うのか、エミルは…。  

M3~ソノ黒キ鋼~第7話感想 死神アージェントのリムがアカシの兄アオシ、2番機セーブルには破先エミルがリムなのか?つまりEVA

だから、もういなくならないでくれよな 俺の恐怖

M3~ソノ黒キ鋼~ 第七話「孤独ノ采配」

M3~ソノ黒キ鋼~の第7話を見ました。 第七話 孤独ノ采配 アージェントをベースに設計された試作2号機・セーブルが完成し、ライカが起動するも、すぐに鳥肌で一分も持たずにコクピットから降ろされる。 エミルの件でおかしくなったヘイトがアカシを挑発して、暴力沙汰になってしまう。 「勘違いしないで、俺は感謝してるんだから。お前がアイツを見放したせいでアイツは一人でどんどん恐怖...

M3~ソノ黒き鋼第7話 『孤独ノ采配』 あらすじ〈画像〉と感想 … 死神2号機(仮)っていつから造っていた?! そして、3号機はあるのか?

【第7話のあらすじ】 躯の出現が生活域に及んだことに焦るイクス上層部は一刻も早い無明領域の調査を要請する。 しかし、マヴェスが一体だけではどうにもならない。かつてマヴェスのプロトタイプ“シロガネ”一体のみを無明領域に送り出し、失敗した過去は彼らにトラウマを残していた。 アージェントと同型の試作2号機の導入に向け、夏入は搭乗者の選定を行う。 ライカは進ん...

『M3-ソノ黒キ鋼-』 第6話の感想と考察――新型の中に・・・・・・エミルがいる?!

『M3-ソノ黒キ鋼-』 第6話「孤独ノ采配」を観ました。<ストーリー>“躯”が無明領域の外に出現したという事実は、学園とイクス上層部を恐怖に陥れた。“死神

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.