edit

極悪がんぼ #07

『敵は銀行 友情と涙の救出劇!』
今回は金子の友達の会社を救うために銀行との戦いに。
薫には金儲けの一つにすぎないような態度をしていたが、
その裏では必死に彼の会社を救うために自分の損も顧みずに動きまわった。
金を使うことで準備は上手く進んでいた。
けれど、それでも相手は金貸しのプロ。
一筋縄ではいかない。
それはわかっていたが、所長が情報を流したことで銀行に追い詰められ、
社長さんは自殺を選んでしまった。

夏目のときとは違って友情に亀裂が、なんてことはなかったわけですが、
自殺という後味の悪い終わり方に。

次回も続くようですがどういう決着となるのでしょうかね。

神崎薫:尾野真千子
冬月啓:椎名桔平
茸本和磨:三浦翔平
真矢樫キリコ:仲里依紗
夏目大作:竹内力
抜道琢己:板尾創路
巻上輝男:宇梶剛士
小清水元:小林薫
豊臣嫌太郎:宮藤官九郎
伊集院保:オダギリジョー
金子千秋:三浦友和

公式HP

#01 | #02 | #03 | #04 | #05 | #06

トラックバック

TB*URL

極悪がんぼ 第七話

「敵は銀行友情と涙の救出劇!」 内容 薫(尾野真千子)金子(三浦友和)夏目(竹内力)抜道(板尾創路)は、 不渡り手形を出して逃走中の鼠小太郎(半海一晃)を追いかけていた。 協力して取り立て屋から逃がし、本真商事の本真雄作(平田満)に引き渡す。 金子は友人...

極悪がんぼ 第7話 感想

Story7 喧嘩上等!!! VS破綻銀行 名前が強烈すぎてですねwwww なかなか使いたくない銀行さんですね(笑) ちょっとだけ小泉今日子さんが出てました。 出番少なかったけど、 最 ...

いいくらしを捜して堕ちてみせます(平田満)そこは階段じゃありません(尾野真千子)

話題作りのために・・・ちょっとした遊びを入れるのは別に悪くはないが・・・そういうところしか話題にならないとしたら少しさびしいことになると考える。 なにしろ・・・基本的に楽屋落ちなのである。 これが・・・本編に重要な要素としてからんでくるなら別だが・・・要するに主演女優同士が・・・それぞれのドラマです

極悪がんぼ (第7話・5/26) 感想

フジテレビ系『極悪がんぼ』(公式) 第7話『敵は銀行 友情と涙の救出劇!』の感想。 なお、原作漫画(田島隆/原作・東風孝広/作画)は未読。 金子(三浦友和)の幼なじみの本真商事社長・本真(平田満)の仕事を手伝った薫(尾野真千子)は、2人の仲の良さに好感を抱く。そんな中、本真商事が倒産間近だと判明。黙っていたことを怒った金子が本真に詰め寄ると、銀行が資金を強引に回収する「...

極悪がんぼ 第7話

薫(尾野真千子)、金子(三浦友和)、夏目(竹内力)は、不渡り手形を出して逃亡中だった会社社長を捕まえて、その男に3000万円貸していた本真商事の本真社長(平田満)に引き渡します。 金子と本真は旧友なので、今回の捜索も引き受けたようですね。 一件落着した薫と金子は、キリコ(仲里依紗)のスナックにやって来ます。 そこで、東京から来たと思われる女性(小泉今日子)とすれ違い・・・ ...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.