edit

M3~ソノ黒キ鋼~ #05

『己虚シク』
アカシは人ですらない相手と同調ってことはアージェントとってことなのかな?
で、そのアージェントに対するカサネの接し方。
まるで人のように。
イマシメをどうこうしてあの形に抑え込んでいるとかってことなのかな?

マアムは誰とも同調してないらしいけど、
だったら島での訓練で辿りつけたのはどういうことなんかな?
同調は全員が繋がるようになるのが理想らしいから、
その一端があの状況下で現れていたってことなのかな?

そんな中でエミルとヘイトが高い同調率を示した。
その二人で立ち入り禁止区域に入ることとなった。

何であんな明らかに危ない人間を実験に使うのかと。
ミナシとササメも大概高そうなのにね。
そっちのほうがいくらか安心してしっかりとデータも残せそうなのに。
まぁ、ミナシはミナシで何か底の知れない感じで怖さはあるけどねぇ。

でまぁ、二人にさせることは出来ずアカシもアージェントに乗って出ることに。

子供たちを危ない目にあわせることへの罪悪感からお酒を呑み過ぎて、
吐くカサネ。
守るためにもそばにいるんじゃないのんか^^;

無明領域に近づく中でエミルの体に異変が。
広がっていた黒い部分が動き出す。
生きたままイマシメへ。
エミルの恐怖心をヘイトが煽っていく。
自分の悦びのためにエミルを利用していく。

ミナシから恐怖を取り除くよう言われたアカシだったが、
エミルは機体ごとイマシメに変わっていく。

鷺沼アカシ:松岡禎丞
破先エミル:日笠陽子
出羽ササメ:小岩井ことり
波戸イワト:前野智昭
霞ライカ:矢作紗友里
真木ミナシ:柿原徹也
弓月マアム:福圓美里
伊削ヘイト:村瀬歩
鷺沼アオシ:檜山修之
阿倉カサネ:前田愛
夏入:飛田展男

トラックバック

TB*URL

M3~ソノ黒キ鋼~ 第5話「己虚シク」 キャプ付感想

エミルがいよいよヤバいですね(^^; よりによってヘイトと同調したり、不幸属性すぎます。 このまま救われずにイマシメ化してしまうのかな…。 思考の同調が確認されたアカシたち。 エミルが同調出来るのはヘイトだったが… そのことが、イマシメに浸食されたエミルを追い詰めていく…!  

M3~ソノ黒キ鋼~ 第五話「己虚シク」

M3~ソノ黒キ鋼~の第5話を見ました。 第五話 己虚シク 思考の同調が無明領域で無事でいる条件だと考えられており、アカシ達が選ばれた理由はその可能性があるからであり、無人島の訓練でその能力が全員にあることが判明したのだという。 「身に覚えはあるでしょう?」 エミルの体のイマシメのような黒い影は手首にまで広がっており、アカシに相談できずにいた。 「ここもクソッタレ...

『M3-ソノ黒キ鋼-』 第5話の感想と考察――やはりエミルのあの痣は、イマシメの種であったか

『M3-ソノ黒キ鋼-』 第5話「己虚シク」を観ました。<ストーリー>無明領域で活動するために必要なのは、操縦者同士の思考の同調。高い同調率を示したヘイトと

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.