edit

エンジン 第4回『ちいさな告白』

昨日は第1話でバスを降りた後、おしっこをした幼稚園に行っている俊太(小室優太)がメインでした。
まぁ、俊太の話の前に次郎(木村拓哉)と比呂人(青木伸輔)のレースの結果は、すごい接戦の末、僅差で次郎の勝ちでした。が、一之瀬監督(泉谷しげる)はレーサーとしては契約できないと言い、メカニックとしてなら契約してやると言いました。
レーサーとして契約をしてくれないと言われた次郎は、何がダメだったのか一人で考える為に、ホームの部屋のドアに『立ち入り禁止』と書いた紙を貼って、悩んでいました。
ここで、俊太の話に戻ります。
俊太を引き取りたいという夫婦がホームにやってきたのです。しかし、その夫婦は俊太の経験したことを心配して『かわいそうに』と言いました。しかし、俊太はそれを聞いて、鳥居元一郎(堺雅人)の後ろに隠れてしまいました。
そして、次の日はその夫婦と仲良くある為に遊んだりすること?になっていたのですが、俊太は布団からいなくなっていました。
ホーム中は大騒ぎで探しました。
当然『立ち入り禁止』と書いてある次郎の部屋も関係なしに探します。まず初めに入ってきたのは、次郎の姉のちひろ(松下由樹)。次郎は寝ていたのですが、布団に隠れているんじゃないかと思って、布団を放り投げました。が、いませんでした。
それで、次郎は起き、ヘルメットとかレースに必要なものを入れているバッグを見て、また悩みましたが、バッグの位置がずれている?ことに気づき、その後ろにある物置のドアを少し開けたら、小さい子が座っていました。すぐ締められましたけど。
それが、俊太でした。俊太は隠れさせてほしいと言い、出てきませんでした。
次郎は冷蔵庫からこっそり2つのジュースを出したのですが、次郎の父のしげる(原田芳雄)はそれに気づきました。
まぁ、その後は次郎が悪者にされ、鳥居元一郎、水越朋美(小雪)、美冴(上野樹里)が来て、どなられました。
最後にしげるが来たのですが、次郎が隠していることはわかっていたので、引き取りたいと言っていた夫婦には帰ってもらったことを言うと、次郎が物置のほうを指差してしげるに伝えました。
その後は、次郎としげるのちょっとした言い争いがありましたが、内容はちょっと忘れました。
その後、俊太が物置から出てきて、『僕はかわいそうじゃない』と言いました。
そのことを、しげるや、ホームにいる人たちの前で言いました。そいうことならということで、俊太を引き取りたいという話はなくなりました。
その後は、バスの洗車をしていた次郎の所に俊太を初め、葵(佐藤未来)、明(広田亮平)、盛男(小杉茂一郎)、ユキエ(夏帆)、奈央(大平奈津美)、春海(戸田恵梨香)、美冴が手伝い(遊び)に来ました。
朋美先生もその後来ました。
ホームの中では鳥居元一郎がエプロンを机に叩きつけて、次郎に対して怒っていました。
この後、ちょっといろいろあったんですが、忘れました。
そして、次郎は一之瀬監督の元に再び行き、メカニックとして契約してもらうことを決意しました。

ということで、昨日はこんな感じでした。さて、来週はどうなるんでしょうねぇ^-^

トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.