edit

恋愛寫眞 -もうひとつの物語- /市川拓司(著) 読了

恋愛寫眞 -もうひとつの物語-夜の1時頃から残りの半分を読み始めました。

2時頃
 今いいとこ。
 あと少しだけ。

あっという間に3時頃
 後少しで終わるから
 あと少しだけ。

3時半頃
 もう終わるから
 あと少しだけ。

えぇ、結局あと少し。あと少し。と言って夜中の4時に読み終わりましたw
かなりの寝不足です^^;
4時間ほどしか寝てません(;^^)b

まぁ、こんなけ読み続けたのはかなり良かったからです。
泣いちゃいました(´;ω;`)ウッ…

映画もよかったですけど、やっぱり原作の方がいいですね♪
映画はちょこちょこオリジナルにしてあったんだぁ。ってわかりました。

静流は宮崎あおいさんにばっちりだったと思います。
すごくイメージしやすかったです。

ただ、誠人は玉木宏さんではイメージしにくかったです。
映画の誠人は誠人でよかったんですけどね^^;
カッコよすぎる感じもしないではないですw
声なんかはよかったですけどね。
優しくて可愛い声。
いい感じでした♪

『タイヨウのうた』とええ勝負してます。
『恋愛寫眞』の方が好きかもしれないですし。
比べるもんじゃないですけどね^^;

しかし、市川拓司さんっていい小説書きますよねぇ。
『いま、会いにゆきます』もよかったし。
泣かされてますw

また読もっと♪

トラックバック

TB*URL

『恋愛寫眞 もうひとつの物語』市川拓司 を読んで

恋愛寫眞―もうひとつの物語 (小学館)市川 拓司 内容紹介 映画『恋愛寫眞』(監督:堤幸彦)との共作で、『いま、会いにゆきます』の著者・市川拓司が新たに書き下ろした「もうひとつの恋愛寫眞」である。 カメラマン志望の大学生・瀬川誠人は、個性的でとても謎めいた女?...

恋愛寫眞 もうひとつの物語

恋愛寫眞 もうひとつの物語 著者 市川拓司 カメラマン志望の大学生・瀬川誠人は、嘘つきでとても謎めいた女の子・里中静流と知り合う。誠人はかなりの奥手だったが、静流とは自然にうちとける。そして静流は誠人に写真を習うようになる。やがて誠人は静流に思いを告げられるが、誠人にはずっと好きな人がいて、その思いを受け取ることはできなかった。一年後、卒業を待たずに静流は姿を消し...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad