edit

ブレイクブレイド #01

『アン・ソーサラー(魔力無者)』
原作は吉永裕ノ介さんの漫画。
2010年から2011年にかけて全六部作で公開されたものを再構成し、
劇場版では描かれなかった「ジルグvsスペルタ部隊」の戦闘シーンを追加製作。
ということらしい。
原作は読んでますが、劇場版は見ていません。

戦争が始まる。
その戦いの中にいるのは戦争を嫌っていた友。
そして、その戦いから民を、大切な人を守ろうとする友。
その妻として支える友。

王都から遠く離れた地で暮らしていた一人の男に王からの召集がかかる。
彼は魔力が当たり前の中で魔力を持たない青年だった。
そんな彼に王・ホズルが見せたのはアンダーゴゥレム。
後にデルフィングと名付けられることになる古代人が乗っていたゴゥレムだった。
魔力を持つ者たちに乗せてみたが動かすことすら出来なかった。

それを前にホズルは戦争を終わらせるにはどうすればいいのかとライガットに聞く。
世襲で王族を継ぐことを嫌っていたんだからいいんじゃないか、とライガットは和平に応じるように言う。
けれど、和平の条件に王族の死が、シギュンの死も含まれていることを聞かされる。
どうすればいいんだ、と。

その答えを聞く前にゼスの部隊の一人に襲われることになる。
落石の中でライガットはデルファングに掴まり搭乗席に。
どうやって出れば、と思っている間に起動するためのスイッチに触れ、
モニターが点灯しだす。
そこに書かれていたのは彼らには読めない古代文字。
日本語をメインに英語がサブに書かれた文字。
搭乗登録。
それを知らずにすませてしまったライガットは動き出すデルファングに戸惑う。

そして、戦争が始まっていることを知って弟を連れて国を離れようとさえ
考えていた男は戦争の中心へと巻き込まれていく。

ゴゥレムは手書きらしいですね。
このデザインで手書きだから無骨な感じが際立っていていいですね。

話については劇場版は後半オリジナルになるらしいけど、
どういう感じになってんだろうなぁ。
とりあえずまぁ、楽しめればいいかな。

ライガットの声優さんが保志総一朗さんって少しイメージが違ったなぁ。

放送は昨日の夜だったんですが、リアルタイムでは見ない予定。

ライガット・アロー:保志総一朗
シギュン・エルステル:斎藤千和
ホズル(クリシュナ9世):中村悠一
ゼス:神谷浩史
クレオ・サーブラフ:花澤香菜
リィ:甲斐田裕子
エレクト:梅津秀行
アルガス:高橋研二
ナルヴィ・ストライズ:井上麻里奈
ジルグ:鳥海浩輔
ナイル・ストライズ:白石稔
ロギン・ジー・ガルフ・エンサンス:河相智哉
バルド:菅原正志
トゥル:緒方賢一
サクラ:葛城七穂
エルザ:柳沢真由美
レガッツ:浅野真澄
ボルキュス:中井和哉
イオ:寺島拓篤
ニケ:白石涼子
ロキス:土師孝也
レト:喜多村英梨
バデス:林和良
アイレス:宝亀克寿
レダ:ささきのぞみ
グレタ:井上喜久子

トラックバック

TB*URL

デコビーム最大出力!/ぷちます!!6話他2014/4/8感想

<記事内アンカー> ぷちます!! -プチプチ・アイドルマスター- 第6話「2人の仲はお墨付き」 ブレイク ブレイド 第1話「アン・ソーサラー(魔力無者)」 漫画感想(「名探偵マーニー」8巻)  ここ2,3週間の慌ただしさで遠征ばっかりだった結果、艦これの各資源が10万に突入しそう……これでイベントもばっちりだね!(白目) ドカンと大型建造祭りするのが正解なのだと思うけど、大台...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.