edit

月刊少年マガジン 5月号

今月号の月刊少年マガジン

以下ネタバレあり
ノラガミ
ひよりを元気づけるために三人でカピパーランドへ。
それはひよりの傷をえぐるようなものだった。
顔が怖い^^;
ピュアすぎる夜トの姿を壊したくて、と小福もついてくる。
大黒は連れて帰ろうとしたが、デートなんて久しぶりじゃない、と言われて
結局は残ることに。
小さい女の子にパパと言われた大黒の寂しそうな顔。
娘さんを残して亡くなった、ということなんでしょうかね。
そのせいで大変なことになってましたが^^;
夜トは根っから信じてるようで、カピパーが声をかけてくれたことで
さらにテンションは上がる。
雪音もなんだかんだで楽しみ始めましたね。
自分たちばかり楽しんでひよりが楽しんでいない、ということで、
パレードへ。
それこそがひよちが一番避けたかったこと。
ひよりと一緒に見たい。
そんな夜トに負けてなんとかひよりも見たが、顔は浮かない。
結局自分のことばかり。
夜トは帰ることを提案した。
そこに至って、ひよりは過去のこととか関係なしに今伝えたいことを夜トに。
一緒に、と。
雪音が怖いw
でまぁ、その雪音の願いを小福が叶えてしまうことになるわけですが。
カピパーの中におじさんが、という事実を知ってしまう。
夜ト、号泣w
それを何とかするためにひよりが一芝居。
なんとか落ち着いた夜ト。
そして、写真で思い出を振り返る。
楽しかった、また行きたいと思う思い出を。
写真の一覧の中に中の人が見えてる写真があるw
それは早急に消さないといけないぞ^^;
後はひよりの胸元アップもありましたね。
アウトな2枚ってのはこの2枚かな?

四月は君の嘘
相座シスコンだなぁw
凪のブラコンは可愛らしいもんだ^^;
千紘さんが二人に教えたかったことは音楽は楽しいものだということ。
それを公生は教えることで、凪は公生に引っ張られて見た景色で知ることとなる。
凪の気持ちが伝わったから相座が公生に宣戦布告せずにいられなかったんですよね。
10分の1どころじゃない、きっともっとたくさんの気持ちが伝わったと思う。
凪に嫉妬する三池くん。
公生に魅せられた二人のこれからが楽しみですね。
凪との連弾で忘れられない一発をお見舞いすることが出来た公生。
残酷だ。
君はいつも前を歩く。
その後ろに自分はいる。
それだと心中じゃなくて後追い。
だから、もう一度チャンスがほしい。
もう一度一緒に弾いてほしい。
後ろから追いかけるのではなく、隣に並ばせてほしい。
二人の演奏がどれだけの人を魅了することになるのか楽しみだ。
そして、舞台は12月のコンクールへ。
再び3人のピアニストが揃う時、何が起こるのか。

重大発表はやっぱりアニメ化でしたね。
ノイタミナ枠で10月から。
どうなるやらねぇ。


トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.