edit

HUNTER×HUNTER (37)/冨樫義博

HUNTER×HUNTER (37)/冨樫義博週刊少年ジャンプにて連載中の冨樫義博さんの「HUNTER×HUNTER」37巻

連載が再開して新刊が出たわけですが、連載の方はどういう流れでこうなったんだっけ、という感じでした。
けど、新刊もそれほど変わらないことを感じたなぁ。
36巻を読み直していないので、どんな感じだったっけ、と。
細かい部分は覚えていないけど、印象的だった部分はさすがに覚えていたりはしました。

センリツの立場が難しくなっているわけで、どうなっていくのだろうかと気になるところ。
クラピカは綱渡り状態が続いているけれど、今は落ち着いているのでなんとかなりそうに思える。
かろうじて対処出来る範囲で動いているからではあるでしょうけど。

テートは今後どうするのかな。
テートは守護霊獣に次はないと警告されていますが、王子の方は気に入ってますしね。
そもそも人の形であることにこだわっていないという力なのだろうから、裏切ったら裏切ったでそれだけのこととしか思わないでしょうし。
そんな王子はすでに厄介な状況なわけで、欠点に関しても切り替えの時間を短くすることでリスクを減らし始めていますしね。
誰が彼と戦うことになるのか楽しみだなぁ。
それが描かれるのはいつになるのかわかりませんが。

「HUNTER×HUNTER」だけは各話毎に感想を書こうという気持ちにならないかな。
ちゃんと連載を続けてほしいなぁ。

関連記事
HUNTER×HUNTER(マンガ)


Amazon / Kindle / 楽天ブックス / 楽天Kobo
edit

クロサギ #03

『知的財産詐欺!騙し合い頭脳戦』
edit

ヤングガンガン 2022年 No.22

2022年11月4日発売のヤングガンガン

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.