edit

時は黙して語らない 古文書解読師・綱手正陽の考察/江中みのり(著)

時は黙して語らない 古文書解読師・綱手正陽の考察/江中みのり(著)古文書に傾倒する大学院生が
研究室で見つかった古文書の返却で訪れた小さな島で
連続殺人事件に遭遇してしまうことに。
島に伝わる伝説を模した殺人、白妙姫の生まれ変わりと信奉される少女、
内容が欠けた謎の手記。
古文書を読み解き、歴史の陰に隠された真実に光を当てる。

デビュー作と比べると随分と雰囲気が変わりましたが、
どんな感じだろうか。
内容的にはそれほど惹かれないところはあるものの、
楽しめるといいなぁ。



edit

ケイジとケンジ 所轄と地検の24時 #03

『殺人捜査の最前線』

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.