edit

いまさら翼といわれても/米澤穂信(著) 読了

いまさら翼といわれても/米澤穂信(著)久しぶりの古典部シリーズだったわけですが、変わらず楽しめました。

里志からの相談。
奉太郎が中学の卒業制作でしたことの信じるを探る摩耶花。
アニメ化されている「連峰は晴れているか」。
漫研のゴタゴタの中での摩耶花の決断。
調子が良い奉太郎が話した自分のモットーのきっかけとなった出来事。
様子のおかしいえるが抱えていた問題。

という感じの6つの話があったわけですが、
摩耶花の話が二つあったのが意外な感じでした。
特に漫研の方はそんなことになっていたのかという感じでしたね。

関連記事
氷菓/米澤穂信(著)
氷菓/米澤穂信(著) 読了
愚者のエンドロール/米澤穂信(著)
愚者のエンドロール/米澤穂信(著) 読了
クドリャフカの順番/米澤穂信(著)
クドリャフカの順番/米澤穂信(著) 読了
遠まわりする雛/米澤穂信(著)
遠まわりする雛/米澤穂信(著) 読了
ふたりの距離の概算/米澤穂信(著)
ふたりの距離の概算/米澤穂信(著) 読了
いまさら翼といわれても/米澤穂信(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.