edit

2015年総括

今年も1年本当にありがとうございました。
ドラマ、アニメ、小説については個別でまとめてありますのでそちらで。

今年は久しぶりにテンプレートをいじりました。
ただまぁ、ほぼほぼ1年使って中途半端になってます^^;
ユーザータグの編集を時間があるときにちまちまとやってますが、
多すぎて終わらないですねぇw
大体出来てきたらもうちょっとテンプレートを調整して完成させるつもりですが、
2016年以内に出来るだろうか?と今から若干不安ですね。

F1は見てはいるのですが、昔ほどの興味はもうないですね。
来年どうしようかと考え中なほどに。

予定外に機種変更したXperia Z3 Compactですが、rootとらずに非常に快適に使えてます。
そろそろXperiaはデザインを変えてほしいと本当に思うけど、
Z6もあまり変わりそうにない感じなのかなぁ?という感じのリーク情報も出ていたり。
そもそもZシリーズ以外を日本でも出してほしいのよな。
MシリーズかCシリーズでも十分売れると思うんですけどね。
流れにのってSIMフリー端末としてsonyが自分ところで売ればいいのに。

2015年の総括というよりは2016年のことを考えてのことばかり書いてしまってますね。

世の中的にはあまりよくなかった1年だった気がします。

2015年は昨年よりも忙しかったかな、と。
追っかけ再生でドラマを見てることがちょっと多かったです。
まぁ、感想自体はいつも通り投稿出来る程度の遅れなので、何ら変わりはないんですけどね^^;

漫画は電子書籍も少し買うようになりまして、
やっぱり自分は紙の方が好きだなぁ、とより感じてますね。
ポイントで買ってるので2016年も有効活用はしたいですけどね。

というわけで、2015年も大変お世話になりました。
2016年もよろしくお願い致します

管理人:chany
edit

2015年総括 小説編

2015年は合計65冊の小説を読みました。
edit

2015年総括 アニメ編

2015年は合計59のアニメを見ました。
edit

2015年 年間LAZY賞

2015年は合計48のドラマを見ました。
edit

鍵泥棒のメソッド

2014年に放送されたものを見ました。

桜井のクズっぷりに引いた。
まさかクッキー缶の中に入っていたお金を全部使ってるとは思いもしてなかった。
クッキー缶のお金に関しては逃がすため、ってことがあるのかもしれないけど、
よくもあれだけ勝手が出来るな、と。
最後の最後でまともなことはしてたけど。

というわけで、銭湯の鍵を入れ替えたことで始まった物語。
気を失った相手の鍵をすり替えるって時点でクズですよね^^;
で、山崎は頭を打ったことで記憶喪失に。
それをきっかけに全てを入れ替えることに。

香苗のお父さんが好きだというクラシックをきっかけに記憶を取り戻したわけですが、
一体どうなるんだろう?
と思っていたら、まさかの殺し屋ではなく便利屋は便利屋にすぎなかった、というね。
お金を稼ぐためによりよい方法を選んだみたいで。
ただまぁ、誇れるかというとそれはちょっと無理ですよね^^;

しかし、香苗の部下の人たちはなんかすごいな。
香苗がそれだけ出来る人だってことなのだろうとは思うのですけど、
何であれだけ協力的なのかな。
ていうか、ギリギリセーフかギリギリアウトって言った人は旦那さんだったのなw
すげぇ失礼よな^^;

その後、どうなったんだろうなぁ。
山崎は香苗のもとに戻ったわけですけど、幸せになったのだろうか?
桜井はしっかりやり直せたのでしょうかね。
猫を飼ってる女性の胸に矢が刺さったようですけどね^^;

笑える話だとは思ってなかったので、意外な感じもありつつ、
笑って楽しめました。
edit

マージナル・オペレーション 4巻 電子書籍版

月刊アフタヌーンにて連載中のキムラダイスケさんの「マージナル・オペレーション」第4巻。
芝村裕吏さんの小説をコミカライズした作品です。

日本に戻ったアラタはさっそく厄介事に巻き込まれることに。
空港で暴れていた男を捕まえることに。
子供たちの動きが洗練されてましたねぇ。
最初に犯人の意識をアラタが向けさせた時もそうですけど、
音を出して意識を向けさせて別の方から攻撃をして、
自分たちの思うように相手を動かしてましたね。

最初はそんな感じで緊迫したものが少しあったわけですが、
それからは日本であることもあって平和な感じで。
ただまぁ、表面的にではあるけど。

政府組織からの接触。
そして、彼らからの仕事の依頼。

イトウさんは一体なんなんだろうね^^;
どれが本当のところか気になる。
何であの人を連絡係にしたのか。
で、自動販売機のところで声をかけてきたおばあさんもそちらの人だったのな。

アラタは子供使いなんて呼ばれてるんですね。
その名が知れ渡ったのは一度の戦いでだったようですけど、
それで十分だったようで、それ以降は色々なところで護衛的なことをしてきたらしい。
で、日本に。

目的は観光が主なところだったようですけど、
子供たちはどうしても少年兵、というところが抜けないみたいですね。
日本の子供たちと同じように笑顔であっていいのに、とアラタは思う。
ただまぁ、彼らは彼らで表情は全体的に明るくなってますよね。
ジブリールの背中を一番押しているジニは特に表情がコロコロと変わってましたね。

アラタは向けられる好意をどうするのだろうかね^^;

ソフィとの再会。
ネットですごいことになってる感じでしたね^^;
巻き込まないために、って言ってたけど、会ってどうしていいかわからん、
ってのが大きかったんでしょうね。
一応、また連絡するという約束はしてましたけど、どうなるやら?

そんなこんなで遊園地や秋葉原、博物館などなど日本で色々と回った子供たち。
遊園地は訓練する場所じゃないからね^^;

依頼された仕事は護衛。
が、武器は情報は渡しますが自分で調達してください、ということで、
武器を調達するための武器を調達したり。
その時にジブリールがメイド服を着たりも。
あれは戸惑うわなw
アラタは完全に振り回されてますね^^;

そんなこんなで日本での初仕事はどういう形になるのでしょうかね。
最後に出てきたのは誰?

関連記事
マージナル・オペレーション 1巻 電子書籍版
マージナル・オペレーション 2巻 電子書籍版
マージナル・オペレーション 3巻 電子書籍版



edit

パラダイス・キス

2013年に放送されたものを見ました。

とりあえず、北川景子さんの制服姿っていうのはちょっと違和感が^^;
2011年に公開された映画で随分経つし、
違う雰囲気の作品をそれから見てるってのが大きいだけだと思うけどね。

というわけで、原作は「NANA」などの矢沢あいさん。
なんで、ドロドロとした感じがあるのかなぁ、と思ってたんですけど、
純粋な青春って感じであっさりさっぱりと見れたかなぁ、と。

一目見て怖い、と感じたとか言ってたけど、
結局どういうとこから来てたのかね?
自分にはない夢を全てを賭けて追い続けてる存在だったからなのかな?

そんなジョージとの出会いで紫にもそういう夢が。
プロのモデルになりたい、なる、という思いで大活躍することになったようですね。

一度は別れてしまった二人ですが偶然にも海外で再会。
ジョージは海外での生活の中でもしっかりと紫を見ていたみたいですね。

わりと楽しめたとは思うのですが、ちと物足りないかなぁ?
という感じでしょうか。
edit

汚れた赤を恋と呼ぶんだ/河野裕(著)

汚れた赤を恋と呼ぶんだ/河野裕(著)「階段島」シリーズ第三作。

真辺からのメールをきっかけに魔女の噂を追い始めることになり、
二人の関係を侵食していく。
一方、その渦中に現れた謎の少女。
現実世界における事件の真相が明かされる。

ということで、なんのこっちゃよくわからない^^;
今回はどういう話になっているのでしょうかね。
現実世界における事件ってどういうことなんだろう?
なんで階段島で真相が明かされるんだ?

関連記事
いなくなれ、群青/河野裕(著)
いなくなれ、群青/河野裕(著) 読了(ネタバレ注意)
その白さえ嘘だとしても/河野裕(著)
その白さえ嘘だとしても/河野裕(著) 読了(ネタバレ注意)


汚れた赤を恋と...

汚れた赤を恋と...
著者:河野裕
価格:637円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


edit

ヤングガンガン 02号

今号のヤングガンガン

以下ネタバレあり
edit

WORKING!!! 最終回すぺしゃる

『ロード・オブ・ザ・小鳥遊』
edit

リバース~警視庁捜査一課チームZ~

2013年に放送された松坂桃李さん主演のスペシャルドラマを見ました。
確か放送が一度延期された作品ですよね。

ばくだん星人と名乗る犯人からの犯行予告。
それに立ち向かうのは捜査一課でありながら、
遊軍として彼らの意思で動くことを許されたチーム。
しかしまぁ、チームZっていうのはちょいとダサいな^^;

そんなこんなで事件は亨と希の二人にも関係することだった。
二人と仲の良かった子の父親が犯人だったわけですが、
彼もまた指示されて動いていたにすぎない。

亡くなったことを知らないまま、ってことはあるものなのかね。
単に仲が良かっただけならあることだと思うけど、
希のお父さんが殺された時に霊安室に一緒にいるくらいの間柄で知らなかった、
ってのはなんか変な感じがした。

相沢の件の防犯カメラの映像は捏造されたもの。
ということは、希の父親の犯人に関しても嘘くさい感じがしますね。
引きずり下ろすために利用しようとしてるってだけなのかな。

そんなこんなでガッツリ続きがありそうな終わり方なのに、
その後何の音沙汰もないことを考えると評判はよくなかったのかな?
スペシャルドラマから連続ドラマへと続けようとしてたんだろうと思うけど。
続きありきな描き方で作っておいて続きを作らないってのはどうかと。

とりあえずまぁ、なんか色々と不満な感じの残る作品だったかな。
edit

2015年秋アニメ まとめ

12月に終了したアニメのまとめです。
edit

神様の御用人 5/浅葉なつ(著) 読了

神様の御用人 5/浅葉なつ(著)とりあえず、まず言わなければいけないことは一つ。
黄金の食い意地がよりひどくなってるw
いやもうね、神様の威厳が全く感じられんよ^^;
前回は良彦の試験を兼ねていたこともあって、
見守ってる姿にまだ神様らしさというのがあったけど、
今回ひどかったわぁw

そんな今回は有名所の神様が登場ということですが、
倭健命とエビス様は知ってるけど、
邇邇芸命は知らなかったです。
ただ、天孫っていうのは聞いたことがあるようなないようなという感じでしょうか。
大地主神は土地神なので知ってるのかっていうと、どうなのかな、
というところですかね。
けどまぁ、詳しいところはどの神様も知らなかったので、
そういう過去があったのかと驚きましたね。

というわけで、今回も楽しかったです。
穂乃香とのことも気になる感じがさらに強くなりましたし、
最後の終わり方が非常に気になりますね。
次巻ではどんな展開になるのか楽しみです。

関連記事
神様の御用人/浅葉なつ(著)
神様の御用人/浅葉なつ(著) 読了(ネタバレ注意)
神様の御用人 2/浅葉なつ(著)
神様の御用人 2/浅葉なつ(著) 読了(ネタバレ注意)
神様の御用人 3/浅葉なつ(著)
神様の御用人 3/浅葉なつ(著) 読了(ネタバレ注意)
神様の御用人 4/浅葉なつ(著)
神様の御用人 4/浅葉なつ(著) 読了(ネタバレ注意)
神様の御用人 5/浅葉なつ(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。
edit

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #13

『葬送』
edit

ヘヴィーオブジェクト #12

『二人三脚登山は命懸けで イグアス山岳砲撃戦 III』

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.