edit

カノジョは嘘を愛しすぎてる

6月6日に放送されたものを見ました。
nasneのHDD容量がカツカツになってきたので、特番で見るものがないタイミングで
ちょうどいいから消化中です。

原作は未読です。

見ていてずっと思ってたのは何か「NANA」みたいに感じるなぁと。
一緒なのはバンドがどうこうってところだけなんだけども、
なんでかそう感じたかなぁ。

秋は何がどうあれ気持ちが一定以上になると曲が浮かんできてしまうみたいですね。
強い喜びでも、強い悲しみでも。

夢を持って入った音楽業界。
でも、現実は金儲けの道具でしかなかったみたいですね。
本当の意味での成功者は一握りであって、ほかは作られた偽りの成功者。
という感じみたいですね。
嘘だらけの業界。

それに流されるままに逃げていた中で出会った理子に秋がどんどん惹かれていくわけですが、
また邪魔されたりなんやらと。

キスして終わったけど、原作はこの先またごちゃごちゃとしてんだろうなぁ、という感じが^^;
そういう風に感じる作りになってたわけで、
もうちょっとモヤモヤする感じがなければよかったのになぁ、と思わなくはなかったかな。
歌は最後の歌よりMUSH&Co.としての歌のほうが好みではあったかな。
edit

GODZILLA ゴジラ

9月25日に地上波で放送されたものを見ました。

以前のハリウッド版に比べると随分と日本のものに近くなってますね。

久しぶりに見たゴジラが日本のものではない、というのはなんだか寂しいものですね。
ただ、日本のゴジラも制作が決まってるようで楽しみですねぇ。
自分は第2期にあたる平成ゴジラやモスラを見ていた世代ですね。
ほぼ全作を映画館で見たと思います。
ただ、第3期のシリーズはほとんど見てないですね。
映画を見なくなってた時期と重なってたと思うので。
こうしてハリウッド版ではあるものの久しぶりにゴジラを見たり、
新作が作られたりというのを聞くと昔のものからまた見たくなりましたね。

というわけで、今作は近くなってるとはいえやっぱり日本のものではないなぁ、
という感じですかね。
せっかく、ムートーという敵対する怪獣が出てきてるのに、
ゴジラとの戦いの場面がちと少なく感じました。
人の話の割合が多く、怪獣の割合がちと少ない、という感じでしょうか。
もっとゴジラの戦いに興奮して見ていた記憶があるもので。

ゴジラの熱線が見れたのはよかった。。
使い方がまたえげつなかったけど^^;
口をこじ開けてそこに向けてだもんなぁ。

後は敵性怪獣が雌雄であるというのもよかったですね。
人にとっては大問題ですけど、子供の死を悲しむ姿が描かれていたのがいいと思った。
そういう姿に人も怪獣も関係ないのだな、と。

思ってたよりは楽しめたかなぁ?
edit

WORKING!!! #13 最終回

『まひるの決闘』
edit

実は私は #13 最終回

『一緒に帰ろう!』
edit

デート~恋とはどんなものかしら~ 2015夏 秘湯

『あの超絶恋愛不適合カップルが帰ってきた 大ヒットロマンチックコメディ最新作!!
  遂に半同棲へ!!温泉旅行で浮気発覚!?月に込めた本当の想い』
edit

週刊少年ジャンプ 44号

今週号の週刊少年ジャンプ

以下ネタバレあり
edit

ガッチャマン クラウズ インサイト #12 最終回

『insight』
edit

緊急取調室~女ともだち~

『容疑者をマル裸!!警視庁最強チームが帰ってきた!!
  不可能連続殺人を自首!?女の嘘と裏切りを暴く緊迫のバトル開始!!』
edit

アルスラーン戦記 #25 最終回

『汗血公路』
edit

Charlotte #13 最終回

『これからの記録』
edit

デュラララ!!×2 転 #24 最終回

『蛇の道は蛇』
edit

君が電話をかけていた場所/三秋縋(著)

君が電話をかけていた場所/三秋縋(著)メディアワークス文庫、8月の新刊4冊目。

「賭けをしませんか?」
公衆電話の受話器を取ってしまった瞬間、不思議な夏が始まる。
恋をした。
けれど、痣を引け目に感じ想いも伝えなかった。
だったら、痣を消しましょう。
それで相手の心を射止めることが出来ればあなたの勝ち。
変化がなければ自分の勝ち。

というわけで、先月発売の上巻です。
今月発売の下巻との上下巻で構成された話。
ただ、先月の上巻に合わせて書き下ろし短編があったので、
それは間に入る話になってるのかな?

さてはて、どんな感じになってるのやら。

関連記事
いたいのいたいの、とんでゆけ/三秋縋(著)
いたいのいたいの、とんでゆけ/三秋縋(著) 読了(ネタバレ注意)


君が電話をかけて...

君が電話をかけて...
著者:三秋縋
価格:615円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


edit

2015年夏LAZY賞

夏ドラマも終わりましたねぇ。

2015年夏ドラマまとめ
edit

ダブルアーツ 3巻 電子書籍版

週刊少年ジャンプにて連載されていたの古味直志さんの「ダブルアーツ」第3巻。

ファランの話を聞かないマーサ。
聞いたところで言うことはわかってるのかもしれないけど、
聞いてやって^^;

そんなファランに戦いを挑んだスイ。
けれど、自分が何をされたのかもわからないままに動きを封じられてしまう。
キリも初めて見るスイの負けた姿。
そして、スイ号泣。
ただし、言ってることは物騒w
可愛いですねw

ハイネとの出会い。
画家を目指していた彼女の過去と今。
シスターへの恨み。
そして、自分がした過ち。
それを繰り返さないための決意。
けれど、時間は残されていなかった。
そんな彼女を救うためにキリは彼女も連れて動こうと考えた。
でも、エルーは別の方法を考えていた。
ハイネを治療することで彼女を救おうと。
賭けだった。
けれど、その賭けに勝った。
ただまぁ、キリから怒られるわけですけどねw
アップリケだらけになってたら怖いだろうなぁ^^;

エルーの友達であるアンディのいるファルゼンがガゼルに襲われた。
圧倒的な力の差に壊滅。
アンディだけが命からがら生き延びた。
そのことを知ったエルーを心配したキリですが、
エルーは前を向く。

そして、二人は戦う方法を手に入れるために動く。
ファランに自分たちだけの戦い方を教えて欲しい、と。

始まる修行。
それと平行してエルーの衣装チェンジも。
触れる部分を増やすことで動きやすくするために。
ただまぁ、キリのデザインもエルーは考えたわけですが、
彼は納得いかず今のままで。
どんなデザインだったのか気になりますね。

というわけで、ダンスの練習はエルーが主導権を握ることに。
それはファランにとっては嬉しい誤算。
二人はダンスだけしか練習していなかったわけですが、
その後訪れる実践では見事に力を発揮することに。

で、ファランの人を守るために戦わない理由。
ある人との約束。
呪いのようなもの。
何があったのでしょうかね。

エルーの想いとキリの想い。
彼らの物語はこれから。

その後ではトロイに対する治療法が確立されたような感じにもとれる場面があったり。

今回の4コマはファランのこと。
さくらんぼについてはキリはわざとだったのかね?w

というわけで、3冊というのはあっという間ですね。
終わっちゃいました。
「ニセコイ」が終わったら本当にもう一度描き直してほしい。
本当に本当に切に願います。

関連記事
ダブルアーツ 1巻 電子書籍版
ダブルアーツ 2巻 電子書籍版


ダブルアー...

ダブルアー...
著者:古味直志
価格:400円
楽天ブックスで詳細を見る


edit

食戟のソーマ #24 最終回

『戦士たちの宴』

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.